ナイアシン

  • niacin

栄養・生化学辞典の解説

 ビタミンPP旧称ニコチン酸という意味と,ニコチン酸,ニコチン酸アミドがもつビタミン活性を示す物質総称としても使われる.ビタミンB群の一つ.生体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチドおよびニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸となり,諸種の酸化還元反応を触媒する酵素補酵素として働く.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

水溶性ビタミンのひとつ。生体中にもっとも多く存在するビタミン。魚類、肉類、小麦、まいたけ、干ししいたけ、ピーナッツなどに多く含まれる。糖質脂質たんぱく質の代謝の補酵素として働くほか、アルコールの分解、エネルギー産生、血中のコレステロールや中性脂肪の減少作用、アレルギー症状・高血圧などの改善、細胞の増殖や代謝の正常化などの作用があるとされる。◇「ニコチン酸」の別称で、「ビタミンB3」とも呼ぶ。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (niacin) ニコチン酸。〔からだと食物(1959)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵の解説

ビタミンB3」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のナイアシンの言及

【ビタミン】より

…(3)過剰症 リボフラビンは,1日の必要量の数百倍を長期間投与しても無害であり,血液や臓器にも病理学的変化は生じないといわれている。
[ニコチン酸nicotinic acid]
 ナイアシンniacinともいう。ビタミンB群に属する水溶性ビタミンの一種である。…

※「ナイアシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android