コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガヅカ ナガヅカ Stichaeus grigorjewi

3件 の用語解説(ナガヅカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガヅカ
ナガヅカ
Stichaeus grigorjewi

スズキ目タウエガシ科の海水魚。全長 50cm内外。体は細長く側扁し,頭部は上下に平たい。眼は小さく斜上方を向き,下顎が突き出ている。鱗は小さくなめらかであるが,頭部には鱗がない。体色は淡褐色で,暗色の斑点をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ナガヅカ

 [Stichaeus grigorjewi].スズキタウエガジ科の海産魚で全長80cmに達する.かまぼこなどに加工して食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガヅカ
ながづか / 長柄
long shanny
[学]Stichaeus grigorjewi

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。山陰地方以北の日本海、千葉県以北の太平洋朝鮮半島から日本海北部、オホーツク海に分布する。体は細長く、わずかに側扁(そくへん)する。目は小さく、頭の背縁近くにある。口は大きく、目より著しく後方まで開く。背びれはすべて硬い棘(とげ)からなる。体は黄褐色で、多数の小黒点がある。冬から春に水深10メートルほどの岩礁域に来て産卵する。雌がソフトボール大の卵塊に体を巻き付けて保護する。水深300メートル以浅の砂泥底にすみ、底引網で漁獲される。体長は80センチメートルほどになる。肉は白身で硬く、練り製品の原料となる。成熟した卵巣は有毒で、食べると吐き気、腹痛、下痢などの中毒をおこすことがある。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナガヅカの関連キーワードマダイ赤羽太胡麻鯖鷹の羽鯛燕鰶藤五郎鰯葉血引角出目仁奈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone