コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガヅカ Stichaeus grigorjewi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガヅカ
Stichaeus grigorjewi

スズキ目タウエガシ科の海水魚。全長 50cm内外。体は細長く側扁し,頭部は上下に平たい。眼は小さく斜上方を向き,下顎が突き出ている。は小さくなめらかであるが,頭部には鱗がない。体色淡褐色で,暗色斑点をもつ。本州中部地方以北,朝鮮,サハリンに分布する。肉は白身で,練製品の原料になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ナガヅカ

 [Stichaeus grigorjewi].スズキ目タウエガジ科の海産魚で全長80cmに達する.かまぼこなどに加工して食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガヅカ
ながづか / 長柄
long shanny
[学]Stichaeus grigorjewi

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。山陰地方以北の日本海、千葉県以北の太平洋、朝鮮半島から日本海北部、オホーツク海に分布する。体は細長く、わずかに側扁(そくへん)する。目は小さく、頭の背縁近くにある。口は大きく、目より著しく後方まで開く。背びれはすべて硬い棘(とげ)からなる。体は黄褐色で、多数の小黒点がある。冬から春に水深10メートルほどの岩礁域に来て産卵する。雌がソフトボール大の卵塊に体を巻き付けて保護する。水深300メートル以浅の砂泥底にすみ、底引網で漁獲される。体長は80センチメートルほどになる。肉は白身で硬く、練り製品の原料となる。成熟した卵巣は有毒で、食べると吐き気、腹痛、下痢などの中毒をおこすことがある。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android