コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガヅカ Stichaeus grigorjewi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガヅカ
Stichaeus grigorjewi

スズキ目タウエガシ科の海水魚。全長 50cm内外。体は細長く側扁し,頭部は上下に平たい。眼は小さく斜上方を向き,下顎が突き出ている。は小さくなめらかであるが,頭部には鱗がない。体色淡褐色で,暗色斑点をもつ。本州中部地方以北,朝鮮,サハリンに分布する。肉は白身で,練製品の原料になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ナガヅカ

 [Stichaeus grigorjewi].スズキ目タウエガジ科の海産魚で全長80cmに達する.かまぼこなどに加工して食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガヅカ
ながづか / 長柄
long shanny
[学]Stichaeus grigorjewi

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。山陰地方以北の日本海、千葉県以北の太平洋、朝鮮半島から日本海北部、オホーツク海に分布する。体は細長く、わずかに側扁(そくへん)する。目は小さく、頭の背縁近くにある。口は大きく、目より著しく後方まで開く。背びれはすべて硬い棘(とげ)からなる。体は黄褐色で、多数の小黒点がある。冬から春に水深10メートルほどの岩礁域に来て産卵する。雌がソフトボール大の卵塊に体を巻き付けて保護する。水深300メートル以浅の砂泥底にすみ、底引網で漁獲される。体長は80センチメートルほどになる。肉は白身で硬く、練り製品の原料となる。成熟した卵巣は有毒で、食べると吐き気、腹痛、下痢などの中毒をおこすことがある。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android