コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナシ(梨) ナシ Pyrus spp.; pear

3件 の用語解説(ナシ(梨)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナシ(梨)
ナシ
Pyrus spp.; pear

バラ科ナシ属の総称。普通食用にされる十数種の果樹をさすが,日本で栽培されるのは通常ヤマナシ P. pyrifoliaから改良された品種群である。野生のヤマナシは西日本の山地にある落葉高木で,長さ7~10cmの狭卵形の葉を互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナシ(梨)【ナシ】

バラ科ナシ属の落葉高木の総称。ニホンナシは,日本〜中国南部に原生する野生種を古くから改良してつくられたもの。葉は大きく卵形,花は白色で5〜10個が散房状につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナシ【ナシ(梨) pear】

バラ科ナシ属Pyrus植物の総称。世界に約20種が分布している。それらのうち果樹として栽培されるものはナシ(ニホンナシ),チュウゴクナシ,セイヨウナシの3種で,園芸上は仁果類に属する。日本の栽培ナシはニホンナシが大部分で,セイヨウナシは栽培面積の数%に過ぎない。チュウゴクナシの経済栽培はみられない。このため日本でナシといえばニホンナシを意味することになる。(1)ナシ(ニホンナシ)P.pyrifolia (Burm.f.) Nakai(=P.serotina Rehd.)(英名Japanese pear,sand pear) (イラスト)中国の中・北部に原生するヤマナシから改良された栽培品種の総称で,韓国や中国でも栽培される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナシ(梨)の関連キーワードサゴ椰子薔薇植物界セイヨウナシチュウゴクナシニホンナシばら水産動植物の種苗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone