コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒斑病 こくはんびょうearly blight

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒斑病
こくはんびょう
early blight

ナシなどの病気で,ナシでは,果実などに発生し,果実に発生すると,のちに表面がくぼみ中央部に黒いかびを生じる。葉では黒色斑点を生じ,病斑は広がり不正形となり,周縁がやや淡黄色となり輪紋を生じることがある。ほかにサツマイモカキなどにも発生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくはん‐びょう〔‐ビヤウ〕【黒斑病】

野菜や果樹の葉・茎・根などにカビ一種寄生し、黒色を帯びた斑点ができて広がる病害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒斑病【こくはんびょう】

植物の茎葉,果実,塊根などに,黒褐色ないし黒色の病斑を生じる病気の総称。サツマイモ,ゴボウニンジン,ネギ,ナシスモモなど多くの作物を冒し,特にサツマイモ,ナシでは被害が大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こくはんびょう【黒斑病】

サツマイモ・ナシなどの病害の一。カビの寄生によって、葉・根・果実に黒褐色の病斑ができるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒斑病
こくはんびょう

サツマイモ、ダイコン、ハクサイ、カブ、ニンジン、ネギ、ナシ、スモモ、キクなどの葉や果実に黒色の斑点ができる病気。病原菌の種類は作物によって異なるが、サツマイモおよびキク黒斑病以外は、いずれもアルテルナリアAlternaria属の糸状菌によっておこる。
 ナシ黒斑病は二十世紀ナシなどのアオナシによく発生して早期落果の原因になり、被害も大きくナシのもっとも重要な病気の一つである。袋かけ、アゾキシストロビン剤(「アミスター」)、イミノクダシン酢酸塩剤(「ベフラン」)、イプロジオン剤(「ロブラール」)、ジチアノン剤(「デラン」)などの薬剤を散布して防ぐ。ネギ黒斑病は葉に大きな黒色の病斑ができ、病斑から上の部分は枯れる。夏から秋にかけ発生が多く、被害も大きい。
 サツマイモ黒斑病はケラトシスティス・フィンブリアタCeratocystis fimbriataという糸状菌によっておこり、サツマイモのもっとも重要な病気。つるの基部やいもに苗床や本畑で、また貯蔵中のいもに発生する。病斑はわずかにへこんで黒色を呈する。病気にかかったいもは病斑の部分にイポメアマロンという物質ができて強い苦味を呈する。種いもや苗を温湯で消毒して防ぐ。貯蔵前にいもをキュアリング(30~33℃、湿度90%の状態に5日間おく)すると貯蔵中の発病が少なくなる。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黒斑病の関連キーワード鳥取20世紀梨久保田 尚志バラ(薔薇)高田 豊四郎北脇 永治ラン(蘭)ボルドー液高田豊四郎植物毒素北脇永治セレサン温湯浸法ダイセンPCPジネブ

黒斑病の関連情報