ナズナ(薺)(読み)ナズナ(英語表記)Capsella bursa-pastoris; shepherd's purse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ナズナ(薺)」の解説

ナズナ(薺)
ナズナ
Capsella bursa-pastoris; shepherd's purse

アブラナ科の二年草。日本全土,世界各地の温帯から暖帯に分布し雑草となっている。田畑路傍に普通にみられ,ペンペングサの名で親しまれている。茎は高さ 10~40cmで分枝し,根出葉はロゼット状で柄があり,羽裂する。茎葉は無柄で披針形,基部は茎を抱く。花は3~4月頃茎頂に総状花序をなして下方から次々に咲き,萼片は5枚,花弁は4枚で白色倒卵形。果実は倒三角形で長さ6~7mm,幅5~6mmあり,長さ 12~20mmの細い柄をもつ。この形が三味線 (ばち) に似ているところからペンペングサの名が出たという。春の七草の1つ。食用になるほか,止血,止瀉剤赤痢痛風など薬用としても用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android