ナノ(読み)なの(英語表記)nano

知恵蔵「ナノ」の解説

ナノ

インドの自動車メーカー、タタ・モーターズがインド国内で発売する低価格乗用車。2008年に10万ルピー・カーとの触れ込みで公表され大きな話題になった(当時の為替レートで約28万円)。その後の経済情勢などの変化により、最安値モデルで価格約11万ルピーの新型「ナノ」が09年4月に予約販売された。納車の予定は7月から。同社は「ナノ」の欧米市場への進出も検討している。
インドでは、日本の自動車メーカー、スズキ傘下の自動車会社が、軽自動車アルトをベースにしたマルチ800などの小型自動車の販売実績を伸ばし、新車販売台数はスズキの日本国内の販売台数をしのぐほどになっている。この背景には、インド経済の急成長によって2億人を超えたといわれる、年収2千ドルを上回る「中間層」の勤労者の購買力がある。ナノの価格はマルチ800のほぼ半額で「中間層」の年収程度。タタのラタン会長が「これまで車を所有できなかった層に、4輪車の快適で安全な移動空間を提供できる」と述べるように、インドの自動車市場に大きな変革をもたらすと考えられている。
ナノは624ccの2気筒ガソリンエンジンを後部に搭載し後輪を駆動するRR方式。トランスミッションは4速MTのみで、最安値モデルではオーディオやエアコンなどはオプションとなる。燃費23.6km/リットル、CO2排出量101g/kmはインドでは最高水準。性能は日本の軽自動車と比較しても名目上大きくは見劣りしないが、徹底したコスト削減で低価格を達成したという。09年5月の集計で予約申し込みは、当初見込みの50万件を大きく下回る20万件にとどまったものの最上位モデルが半数を占めた。新工場の稼働がまだなので、当初の計画通り10万台を生産し抽選によって割り当てる。

(金谷俊秀 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「ナノ」の解説

ナノ

10億分の1を表す単位原子分子配列ナノメートル(1ミリの100万分の1)スケールで操作・制御することで、現存する物質とは異なる構造性質の物質を作り出す技術をナノテクノロジーという。国会図書館の全情報を収められる角砂糖大のメモリーの開発など、IT分野でもその応用が期待されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「ナノ」の解説

ナノ

インドのタタ・モーターズが2008年から製造、販売している乗用車。4ドアセダン。リアエンジンの後輪駆動方式を採用。世界で最も安価な自動車として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ナノ」の解説

ナノ
nano-

単位の 10-9 (10億分の1) を表わすSI接頭語記号n 。たとえば 1ns=10-9s である。ギリシア語のナーノス (小人) に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ナノ」の解説

ナノ(nano/nanno)

《〈ギリシャ〉nanos(小人)から》国際単位系(SI)で、メートル法の単位の上に付けて10億分の1、すなわち109を表す語。記号n

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ナノ」の解説

ナノ

10億分の1つまり10(-/)9倍を意味する接頭語。国際単位系接頭語の一つ。ナノ秒など。
→関連項目可視光線メカニカル・アロイング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ナノ」の解説

ナノ

〘語素〙 (nano-) メートル法で、基本単位の上に付けて一〇億分の一を表わすことば。記号n 「ナノメートル」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「ナノ」の解説

ナノ
ナノ
nano

単位の接頭語(SI接頭語).10-9.記号 n.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版「ナノ」の解説

ナノ【nano】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,10-9倍の意味。記号にはnを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,1×10-9sという非常に短い時間は1ns(ナノ秒),非常に短い距離1×10-9mは1nm(ナノメートル)と表せる。【大井 みさほ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android