コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマケグマ ナマケグマMelursus ursinus; sloth bear; honey bear

3件 の用語解説(ナマケグマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマケグマ
ナマケグマ
Melursus ursinus; sloth bear; honey bear

食肉目クマ科。体長 1.4~1.8m,体高 60~90cm。雄は雌よりはるかに大きい。長い黒色の毛をもち,ことに肩の部分の毛が長い。胸部にV字形の白色紋がある。鼻は長く突き出る。昆虫類,卵,果実などを食べるが,特に好んで蜂蜜やシロアリをずるずるとすすり込むように大きな音を立てて食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナマケグマ【sloth bear】

長く粗い黒色の毛をもつ,インドアッサムスリランカの森林にすむクマ(イラスト)。食肉目クマ科の哺乳類。胸にツキノワグマのそれに似たUあるいはY字形の白色ないし黄色の斑紋がある。発見当初,大きく湾曲してのびる前足のつめが,貧歯目のナマケモノのそれに似ていることから,ナマケモノと類縁関係があるものと考えられ,この名がついた。吻(ふん)が長く,前方に突出させることのできる下唇とあわせて,チューブ状とし,好物のシロアリを吸い取るというクマ類としては一風変わった能力を備えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナマケグマ
なまけぐま / 懶熊
sloth bearIndian bear
[学]Melursus ursinus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目クマ科の動物。インド、スリランカに分布する。毛は長くふさふさした黒で、前胸に白または黄褐色の斑(はん)がある。頸(くび)付近の毛はとくに長く、たてがみ状になる。頭胴長1.6メートル、体重120キログラムに達する。つめが長く鋭い。雑食性で、植物の葉や果実、昆虫、鳥類の卵などを食べるが、とくにシロアリを好み、突き出した鼻面と長いつめで、巣を壊して食べる。また蜂蜜(はちみつ)も食べるため、ミツグマともよばれる。主として夜行性。冬ごもりはしないが、乾期には洞窟(どうくつ)などに隠れるという。[渡辺弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナマケグマの言及

【クマ(熊)】より

…体長1.1~1.4m,体重27~65kg。ナマケグマ(イラスト)はインド,アッサム,スリランカにすむ黒色の長い毛を生やしたクマ。体長1.4~1.8m,体重55~135kg。…

※「ナマケグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナマケグマの関連情報