コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナメコ(滑子)(読み)ナメコ(英語表記)Pholiota nameko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナメコ(滑子)
ナメコ
Pholiota nameko

担子菌類マツタケ目モエギタケ科。一名ナメスギタケ(滑杉茸)。秋に,ブナなどの広葉樹の枯れた幹や切り株上に群生する。傘は径 2.5~10cm,半球形,しだいに広がって扁平になる。太さ 0.1~0.6cm,長さ 3~10cmの柄をもつ。傘の上面,中央は茶褐色,周辺は黄褐色。日を経ると淡色になる。縁は薄く初め内屈して膠質の膜片がある。胞子紋は暗褐色。栽培しやすく,美味で,缶詰や瓶詰も市販される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナメコ【ナメコ(滑子) Pholiota nameko (T.Ito) S.Ito et Imai】

担子菌類モエギタケ科のキノコ(イラスト)。ナメスギタケともいう。日本特産の食用キノコで広く栽培される。かさは径3~8cm,半球形からまんじゅう形,のち平らに開く。表面は平滑でいちじるしく粘液におおわれる。中央部は茶褐色,周辺は黄褐色。肉は淡黄色。ひだは淡黄色で成熟すると淡褐色となる。茎は2.5~8cm×3~13mm,つばより上部はほぼ白色,下部は淡黄褐色または褐色で粘液におおわれる。つばは幼時は粘性をおびた半透明の薄膜状でかさの下面をおおうが,かさが開いたのちは明確に残らない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android