コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニェムツォバー Němcová, Božena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニェムツォバー
Němcová, Božena

[生]1820.2.4. ウィーン
[没]1862.1.21. プラハ
チェコの女流作家。旧名 Barbora Panklová。近代チェコ散文の創始者。民衆の生活を素材に,民衆の言語を駆使した物語風な作品に才能を示し,当時の社会の不公平を浮彫りにした。民話をはじめ農村を舞台にした多くの小説がある。代表作『おばあさん』 Babička (1855) はチェコ散文の古典とみなされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニェムツォバー

チェコの女性作家。父親はドイツ人。農村を舞台にした小説や社会の矛盾を問題にした小説が多く,代表作《おばあさん》(1855年)はチェコ国民文学の古典。他に《民話集》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニェムツォバー【Božena Němcová】

1820‐62
チェコの女流作家で,民話の採集者。19世紀中ごろのチェコの農村や小市民社会をリアリスティックに描き出し,人間の倫理的価値を論ずる短編を数多く発表,また人間の道徳的・感情的価値を描いた長編がいくつかある。社会の欠陥の除去についてはユートピア的発想のものもあるが,未来への確信に満ちており,代表作《おばあさん》(1855。邦訳あり)では,調和のとれた英知に満ちた農村婦人を描いて成功している。《おばあさん》はチェコの古典的国民文学の代表的一編であるが,このほかいくつかの民話の邦訳がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニェムツォバー【Božena Němcová】

1820~1862) チェコの女性作家。一九世紀チェコ文学最大の国民的作家。母方の祖母の生涯を描いた代表作「おばあさん」の他、「民話集」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニェムツォバー
にぇむつぉばー
Boena Nmcov
(1820―1862)

チェコスロバキアの女流小説家。ドイツ人の父とチェコ人の母との間にウィーンで生まれたが、少女時代の5年間をチェコのラチボジツェの谷間で、母方の「おばあさん」と暮らし、大きな影響を受けた。17歳のとき、15歳上の税関吏と結婚、夫の任地を転々としたが最後にはプラハに居を定めた。夫婦ともに反オーストリア的という理由で迫害を受け、四児を抱えて貧困と病気に苦しみ、精神的肉体的過労のために比較的若くして死んだが、当時は合体していなかったチェコとスロバキアとの交流の基礎をつくったとされる。
 文学的活動に入ったのは1842年夫がプラハへ転任したときで、多くの作家と知り合い、以後各種の雑誌に短編や詩を寄稿した。チェコでの本格的女流作家の草分けで、チェコの後期ロマンチシズムとリアリズムの境界にあり、いくぶんセンチメンタルな愛国心と社会主義、婦人解放の主唱者でもあった。生前のまとまった作品としては、各地で取材した『おとぎ話と伝説集』(1845~46)、『スロバキアのおとぎ話と伝説集』(1857~58)、『山あいの村』(1856)などがあるが、とくに長編『おばあさん』(1855)はすでに三百数十版を重ね、名実ともにチェコの民族文学の代表として有名である。その他の短編や書簡、断片なども死後に編集され公刊されている。[飯島 周]
『栗栖継訳『おばあさん』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニェムツォバーの関連キーワードチェコ文学祖母生涯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android