コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニギス(似義須) ニギス deep sea smelt

1件 の用語解説(ニギス(似義須)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニギス【ニギス(似義須) deep sea smelt】

サケ目ニギス科の海産魚(イラスト)。太平洋側では相模湾以南,日本海側では佐渡以南に分布し,富山県ではニギスまたはミギス,新潟ではオキギス和歌山ではトンガリという。体型はキスのような形をしており,口はやや大きめで,眼も比較的大きい。下あごは上あごよりほんの少し突き出る。上下両あごに歯はない。体は柔軟でうろこは大きめで非常に剝離しやすい。サケ目特有のあぶらびれが背びれの後方についている。オキギスの名のとおり深海性の魚であるが,日本海では陸からすぐ深くなるためよく漁獲される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニギス(似義須)の関連キーワードシロギスニギスベニザケアオギスホキ似鱚アオカマスキグチギンザケトラギス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone