コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニギス(似義須) ニギスdeep sea smelt

世界大百科事典 第2版の解説

ニギス【ニギス(似義須) deep sea smelt】

サケ目ニギス科の海産魚(イラスト)。太平洋側では相模湾以南,日本海側では佐渡以南に分布し,富山県ではニギスまたはミギス,新潟ではオキギス,和歌山ではトンガリという。体型はキスのような形をしており,口はやや大きめで,眼も比較的大きい。下あごは上あごよりほんの少し突き出る。上下両あごに歯はない。体は柔軟でうろこは大きめで非常に剝離しやすい。サケ目特有のあぶらびれが背びれの後方についている。オキギスの名のとおり深海性の魚であるが,日本海では陸からすぐ深くなるためよく漁獲される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報