コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコチン酸アミド ニコチンさんアミドnicotinamide

翻訳|nicotinamide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコチン酸アミド
ニコチンさんアミド
nicotinamide

無色の結晶で,融点 128~131℃。ビタミンB群の一員であり,ペラグラ,黒舌病に有効なビタミンである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニコチン酸アミド【ニコチンさんアミド】

ニコチンアミドとも。ニコチン酸のアミド誘導体C5H4NCONH2。ビタミンB複合体の一つ。NADNADPなどの一部分となり,細胞呼吸に関与する。
→関連項目ニコチン酸ビタミン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコチン酸アミド
にこちんさんあみど
nicotinic acid amide

ニコチン酸の酸アミドで、一般にはニコチンアミドnicotinamideとよばれている。ナイアシンアミドniacinamideともいう。分子式C6H6N2O、分子量122.13。ニコチン酸と同様に水溶性のビタミンB複合体の一つで、ヒトの抗ペラグラ因子である。植物界にニコチン酸と共存して広く分布するが、動物界の哺乳(ほにゅう)類では肝臓に多い。イヌの黒舌(こくぜつ)病にも効果があり、微生物発育因子としても効果がある。生体内ではこのビタミンの補酵素型ニコチンアミドヌクレオチド、すなわちNADおよびNADPとして存在し、デヒドロゲナーゼの補酵素として多くの酸化還元反応に関与する。生理代謝的にはニコチン酸と同様にトリプトファンから生合成される。また、ニコチンアミダーゼによって加水分解され、生じたニコチン酸はNAD合成に再利用される。なお、ニコチン酸アミドは肝臓でメチル化されてN-メチルニコチン酸アミドとなり、尿中に排出される。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニコチン酸アミドの関連キーワードアルコールデヒドロゲナーゼ光合成(こうごうせい)ペントースリン酸回路ニコチンアミド当量抗ペラグラビタミンビタミンB複合体電子伝達系阻害剤総合ビタミン剤水疱性類天疱瘡ナイアシン当量ワールブルクトリゴネリンアデニル酸グルコースアデノシンビタミン剤ビタミンPシスチン発色助剤アポ酵素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android