コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコポリスの戦い ニコポリスのたたかい Battle of Nicopolis

2件 の用語解説(ニコポリスの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコポリスの戦い
ニコポリスのたたかい
Battle of Nicopolis

1396年9月,バヤジッド1世に率いられたオスマン帝国軍とバルカン諸民族およびこれを支援するフランスドイツの騎士団との間で,ニコポリス (ニイボル) において行われた戦い。結果はオスマン軍の勝利に終り,イスラム世界におけるオスマン帝国の名声が高まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコポリスの戦い
にこぽりすのたたかい
Battle of Nicopolis

1396年9月25日、ニコポリス(ブルガリア北部)で、オスマン帝国とハンガリージギスムントの率いるヨーロッパ連合軍との間で行われた戦い。オスマン帝国のドナウ川沿岸地方への進出に脅威を感じたハンガリー王ジギスムントは、ローマ教皇に協力を求めた。教皇の呼びかけに応じて、フランス(10000)、イギリス(1000)、ドイツ(6000)、ワラキア(10000)、ポーランドスペインの国々から約10万の軍勢が組織された。この連合軍の目的は、オスマン帝国のコンスタンティノープル(イスタンブール)包囲を解き、バルカンから追放することにあった。しかし、オスマン帝国軍はニコポリスの要塞(ようさい)を守り、先陣として突入したフランス軍を破って連合軍を敗走させた。スルタンのバヤジト1世は捕虜の一部を勝利の記念としてエジプトへ贈った。この戦いの結果、オスマン帝国のバルカン半島支配は決定的なものになった。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコポリスの戦いの関連キーワード血の日曜日バヤドウバヤズットシディブジッドオヤジ探偵オヤジ探偵〈2〉アンカラの戦バヤジト[1世]新庄嘉章千葉弥次馬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone