コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコマコス ニコマコス Nikomachos

4件 の用語解説(ニコマコスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコマコス
ニコマコス
Nikomachos

ギリシアの画家。前4世紀頃テーベで活躍。アリステイデスの弟子。ローマ時代の著述家プリニウスによれば,赤,黄,白,黒の4色のみを用いて描き,『ペルセフォネの誘拐』など多数の作品を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニコマコス
ニコマコス
Nikomachos

[生]50頃. ゲラサ
[没]150頃?
新ピタゴラス学派の哲学者,数学者。100年頃に活躍し,特に『算術入門』2巻が有名。そのなかで数論の基礎,特に数の性質や分類を扱っている。重要なものとしては,すべての立方数は,連続する奇数の和で表すことができるという法則の発見がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ニコマコス【Nicomachus】

二世紀ギリシャの哲学者・数学者。新ピタゴラス派に属する。著書に「算術入門」「和声概論」などがある。生没年未詳。
アリストテレスの息子。編纂者の名を冠した「ニコマコス倫理学」は、アリストテレスの実践学に関する主要著作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコマコス
にこまこす
Nikomakhos

生没年不詳。古代ギリシアの数学者。ゲラサ(ヨルダン北部の町、現ジェラシュ)出身。新ピタゴラス派に属し、1世紀後半に活躍した。その著書『算数入門』Eisagg arithmtikは、算数を独立科とみなした最初の論文である。そこでは、多角数論やピタゴラス派の比例論が述べられ、また、立方数は相次ぐ奇数の和、すなわち
  1+(3+5)+(7+9+11)
   +(13+15+17+19)+……
   =13+23+33+43+……
であることや、完全数(その数の1を含むすべての因数の和が、その数に等しいもの)を
  6(=1+2+3),
  28(=1+2+4+7+14),
  496(=1+2+4+8+16+31+62+124+248)
までだといっている。この著書はラテン語訳され、その訳書が中世ヨーロッパに大きな影響を与えた。また音楽理論に関する論文を書いたが、これはピタゴラス派の音楽理論の最古の典拠になっている。[平田 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコマコスの関連キーワードいとざらスクエア二・児・尼・弐・貳ひよひよぶうぶうぽちぽち『三国志』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコマコスの関連情報