コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコルズ ニコルズNichols, John

8件 の用語解説(ニコルズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコルズ
Nichols, John

[生]1745
[没]1826
イギリスの文筆家,出版者。『18世紀文人逸話集』 The Literary Anecdotes of the 18th Century (9巻,1812~15) の著者として有名。

ニコルズ
Nichols, Mike

[生]1931.11.6. ドイツベルリン
[没]2014.11.19. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の舞台演出家,映画監督。本名 Michael Igor Peschkowski。シカゴ大学卒業。俳優として舞台に立ったのち,ニール・サイモンの『裸足で散歩』Barefoot in the Park(1963)を演出,認められた。マリーシスガルの『ラブ』Luv(1964)とサイモンの『おかしなカップル』The Odd Couple(1965)でトニー賞の演出部門の第1位となる。『ラブ』はニューヨーク劇評家賞も受賞。映画の主作品は『バージニアウルフなんかこわくない』Who's Afraidof Virginia Woolf?(1966),『卒業』The Graduate(1967,アカデミー賞監督賞),『ワーキング・ガール』Working Girl(1988)など。

ニコルズ
Nichols, Peter Richard

[生]1927.7.31
イギリスの劇作家。日常生活の下にひそむ非情さや残酷性を喜劇として描く。代表作『ジョーエッグの死の一日』A Day in the Death of Joe Egg (1967) ,『国民健康保険』 The National Health (69) ,『受難劇』 Passion Play (81) など。 1982年アヘン戦争を描いたパントマイム風のミュージカル『けし』 Poppyを発表後,劇壇からの引退を宣言した。

ニコルズ
Nichols, Robert

[生]1893
[没]1944
イギリスの詩人,劇作家。東京大学で英文学を講じた (1921~24) 。詩集『熱情と忍耐』 Ardours and Endurances (17) のほか戯曲,小説などがある。

ニコルズ
Nicolls, Richard

[生]1624. ベドフォードシャー
[没]1672.5.28.
アメリカ植民地時代初期のイギリス人行政官。ニューヨーク植民地の初代総督 (在任 1664~68) 。イギリス王政復古後の 1664年,ヨーク公によってニューアムステルダム植民地の総督に任命され,4隻の艦隊を率いてニューアムステルダムを封鎖,無血でこれを占領し,ニューヨークと改称して,絶対の権限を握った。彼はオランダからの支配権移行には慎重を期し,公平な行政によって徐々にイギリス系植民地人の自由を拡大していった。 68年辞任して帰国。第3次イギリス=オランダ戦争の際,海戦で戦死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニコルズ

アメリカの映画監督・舞台演出家。ベルリンのユダヤ系家庭に生まれる。1939年ナチスの迫害を逃れて一家でアメリカに移住。1950年代は即興劇の劇団で活動していたが,その後ブロードウェイで演出を手がけるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニコルズ【Robert Malise Bowyer Nichols】

1893‐1944
イギリスの詩人,劇作家。オックスフォード大学に学び,第1次大戦中は砲兵隊に従軍,情報省にも勤めた。1921年から24年まで,東京大学英文科の講師として在日。キーツパスカルウナムノゲーテを愛読し,みずからロマン主義リアリスト〉〈反時代的保守派〉をもって任じた。詩集に《熱意と忍耐》(1917),《オーレリア》(1920),《私はかく歌った》(1940),戯曲に《罪ある魂》(1922)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコルズ
にこるず
Mike Nichols
(1931― )

アメリカの映画監督。ドイツのベルリンに生まれる。7歳のとき家族とともにアメリカに渡る。大学を中退して演劇活動に入り、即興芝居の俳優、エンタテイナーとして人気を得たあと、1963年ブロードウェーの演出家となり、ヒット作を次々に生んだ。1966年『バージニア・ウルフなんかこわくない』で映画監督デビュー。翌年の『卒業』は新しい時代の青春映画として若い世代の圧倒的支持を受けると同時に、アカデミー監督賞を受賞した。その後は『キャッチ22』(1970)、『愛の狩人(かりゅうど)』(1971)、『シルクウッド』(1983)、『心みだれて』(1986)、『ワーキング・ガール』(1988)など。[宮本高晴]

資料 監督作品一覧

バージニア・ウルフなんかこわくない Who's Afraid of Virginia Woolf?(1966)
卒業 The Graduate(1967)
キャッチ22  Catch-22(1970)
愛の狩人 Carnal Knowledge(1971)
イルカの日 The Day of the Dolphin(1973)
おかしなレディ・キラー The Fortune(1975)
シルクウッド Silkwood(1983)
心みだれて Heartburn(1986)
ブルースが聞こえる Biloxi Blues(1988)
ワーキング・ガール Working Girl(1988)
ハリウッドにくちづけ Postcards from the Edge(1990)
心の旅 Regarding Henry(1991)
ウルフ Wolf(1994)
バードケージ The Birdcage(1996)
パーフェクト・カップル Primary Colors(1998)
2999年異性への旅 What Planet Are You From?(2000)
クローサー Closer(2004)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War(2007)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニコルズの関連キーワードハウフ片山北海ビターリ(父子)ピネルピネルクルップビニー内館元右衛門メイランクルップ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコルズの関連情報