コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコルズ ニコルズ Nichols, John

8件 の用語解説(ニコルズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコルズ
ニコルズ
Nichols, John

[生]1745
[没]1826
イギリスの文筆家,出版者。『18世紀文人逸話集』 The Literary Anecdotes of the 18th Century (9巻,1812~15) の著者として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニコルズ
ニコルズ
Nichols, Mike

[生]1931.11.6. ベルリン
アメリカの舞台演出家,映画監督。本名 Michael Igor Peschkowski。シカゴ大学卒業。俳優として舞台に立ったのち,ニールサイモンの『裸足で散歩』 (1963) を演出,認められてマリーシスガルの『ラブ』 (64) と N.サイモンの『おかしな二人』 (65) でペリー・アントワネット賞の演出部門の第1位となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニコルズ
ニコルズ
Nichols, Peter Richard

[生]1927.7.31
イギリスの劇作家。日常生活の下にひそむ非情さや残酷性を喜劇として描く。代表作『ジョーエッグの死の一日』A Day in the Death of Joe Egg (1967) ,『国民健康保険』 The National Health (69) ,『受難劇』 Passion Play (81) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニコルズ
ニコルズ
Nichols, Robert

[生]1893
[没]1944
イギリスの詩人,劇作家。東京大学で英文学を講じた (1921~24) 。詩集『熱情と忍耐』 Ardours and Endurances (17) のほか戯曲,小説などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニコルズ
ニコルズ
Nicolls, Richard

[生]1624. ベドフォードシャー
[没]1672.5.28.
アメリカ植民地時代初期のイギリス人行政官。ニューヨーク植民地の初代総督 (在任 1664~68) 。イギリス王政復古後の 1664年,ヨーク公によってニューアムステルダム植民地の総督に任命され,4隻の艦隊を率いてニューアムステルダムを封鎖,無血でこれを占領し,ニューヨークと改称して,絶対の権限を握った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニコルズ

アメリカの映画監督・舞台演出家。ベルリンのユダヤ系家庭に生まれる。1939年ナチスの迫害を逃れて一家でアメリカに移住。1950年代は即興劇の劇団で活動していたが,その後ブロードウェイで演出を手がけるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニコルズ【Robert Malise Bowyer Nichols】

1893‐1944
イギリスの詩人,劇作家。オックスフォード大学に学び,第1次大戦中は砲兵隊に従軍,情報省にも勤めた。1921年から24年まで,東京大学英文科の講師として在日。キーツパスカルウナムノゲーテを愛読し,みずからロマン主義リアリスト〉〈反時代的保守派〉をもって任じた。詩集に《熱意と忍耐》(1917),《オーレリア》(1920),《私はかく歌った》(1940),戯曲に《罪ある魂》(1922)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコルズ
にこるず
Mike Nichols
(1931― )

アメリカの映画監督。ドイツのベルリンに生まれる。7歳のとき家族とともにアメリカに渡る。大学を中退して演劇活動に入り、即興芝居の俳優、エンタテイナーとして人気を得たあと、1963年ブロードウェーの演出家となり、ヒット作を次々に生んだ。1966年『バージニアウルフなんかこわくない』で映画監督デビュー。翌年の『卒業』は新しい時代の青春映画として若い世代の圧倒的支持を受けると同時に、アカデミー監督賞を受賞した。その後は『キャッチ22』(1970)、『愛の狩人(かりゅうど)』(1971)、『シルクウッド』(1983)、『心みだれて』(1986)、『ワーキング・ガール』(1988)など。[宮本高晴]

資料 監督作品一覧

バージニア・ウルフなんかこわくない Who's Afraid of Virginia Woolf?(1966)
卒業 The Graduate(1967)
キャッチ22  Catch-22(1970)
愛の狩人 Carnal Knowledge(1971)
イルカの日 The Day of the Dolphin(1973)
おかしなレディ・キラー The Fortune(1975)
シルクウッド Silkwood(1983)
心みだれて Heartburn(1986)
ブルースが聞こえる Biloxi Blues(1988)
ワーキング・ガール Working Girl(1988)
ハリウッドにくちづけ Postcards from the Edge(1990)
心の旅 Regarding Henry(1991)
ウルフ Wolf(1994)
バードケージ The Birdcage(1996)
パーフェクト・カップル Primary Colors(1998)
2999年異性への旅 What Planet Are You From?(2000)
クローサー Closer(2004)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War(2007)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコルズの関連キーワード牛津オックスフォード学派オックスフォードシューズオックスブリッジオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人オックスフォードミステリー ルイス警部オックスフォード・グループ運動

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコルズの関連情報