コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニチニチソウ

百科事典マイペディアの解説

ニチニチソウ

ツルニチニチソウ属と一緒に扱われたことがあり,〈ビンカ〉と呼ばれることもあるが,現在では別属(カタランサス)に分類されている。熱帯に広く分布するキョウチクトウ科の小低木で,日本では春まきの一年草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニチニチソウ
にちにちそう / 日々草
[学]Vinca rosea L.

キョウチクトウ科。ニチニチカ(日々花)ともいう。属名のビンカの名でよばれることもある。マダガスカル、ジャワ、ブラジルなど熱帯地方原産で、亜熱帯や熱帯地方では半低木性多年草であるが、日本では耐寒性がなく、春播(ま)き一年草として扱う。高さは、匍匐(ほふく)性種で10センチメートル、矮性(わいせい)種で15センチメートル、中・高性種で40~60センチメートル。濃緑色の照葉を対生し、葉腋(ようえき)に径2~3センチメートルの5弁花を開く。花色は桃、白色、白色に赤目のあるものがあり、葉色との対比が美しい。夏の炎天下でも咲き続け、水揚げがよいので切り花に利用するほか、花壇や鉢植えにも用いる。公害に強い花として、道路沿いの花壇やプランターとして多く用いられる。[横山二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニチニチソウの関連キーワードツルニチニチソウ(蔓日日草)ニチニチソウ(日日草)ツルニチニチソウ萎黄病(作物)ビンブラスチンアルカロイド紅素馨花制癌剤日日花蔓桔梗宿根草日々紅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニチニチソウの関連情報