コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンリス にほんりす

2件 の用語解説(ニホンリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニホンリス
ニホンリス

リス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニホンリス
にほんりす / 日本栗鼠
Japanese squirrel
[学]Sciurus lis

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目リス科の動物。ホンドリスともいう。本州、四国、九州の平地から高山帯までの針葉樹林、内部に針葉樹を含む雑木林に生息する。体長15~22センチメートル、尾長13~17センチメートル。体色は、冬毛では暗褐色または黄褐色で、腹面と尾の先端は白色、耳の先端に毛の房を生じる。夏毛は、背側が淡黒褐色からセピア、腹側は白色、頸(くび)、体側、四肢は橙(とう)褐色をしている。ほぼ完全な樹上生活者で、樹上を細かくすばやいギャロップで滑るように敏捷(びんしょう)に動き回る。周囲が薄暗い針葉樹林内の樹上の幹と枝の間に、直径40~50センチメートルの楕円(だえん)形の巣をつくり、つがいですむ。巣は、外側が小枝で組み立てられ、内側にはスギなどの樹皮を細かく裂いた巣材が敷かれる。日中、とくに早朝に活動し、ハシバミやクルミなどの堅果のほか、種子、果実、芽、昆虫などを食べる。夏から秋にかけては堅果や種子を頻繁に地上に運び、穴を掘って埋める。貯蔵場所は大まかに記憶しておき、食物の不足する冬になると、個々の実をにおいで捜し当て、掘り出して食べる。4~6月に1産2~6子を産む。天敵はキツネ、テンなどである。やや大形の北海道のエゾリス(キタリスの亜種)に姿が似ており、以前は同種とされたが、近年別種とされるようになった。[今泉吉晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニホンリスの言及

【ホンドリス(本土栗鼠)】より

…ニホンリスともいう(イラスト)。齧歯(げつし)目リス科の哺乳類。…

※「ニホンリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニホンリスの関連情報