ニュージーランド史(読み)ニュージーランドし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ニュージーランド史」の解説

ニュージーランド史
ニュージーランドし

ニュージーランドは 1642年オランダ人アベル・J.タスマンにより見出され,1769~70年イギリス人ジェームズ・クックにより地形が解明された。1814年からイギリスの入植が開始され,サシュエル・マースデンらの布教団が先住民のマオリ族の教化に着手。1840年イギリスに併合され,初代総督にウィリアム・ホブソンが就任,マオリ族との間にワイタンギ条約が結ばれ,主権委譲の代わりに彼らの土地と財産を保証することとし,首府オークランドに置かれた。その後,白人入植者とマオリ族の土地争奪が激化し,第1次マオリ戦争(1843~48),第2次マオリ戦争(1860~72。→マオリ戦争)が起こったが,マオリ族の敗北に終わった。他方その頃各地で金鉱が発見され,移民が急増。1863年最初の鉄道が敷設され,1865年首府がウェリントンに移された。1881年東洋人の移住の制限開始,1889年男子普通選挙法制定,そのほか女性参政権(1893),8時間労働制(1897),養老年金法(1898)など多くの社会立法が制定された。1907年自治領となり,1913年労働党と社会民主党の連立内閣成立。第1次世界大戦ではイギリス本国を熱心に支援。戦後は改革党,連合党などが政権を担当,1929年世界恐慌(→大不況)により多くの社会保障制度が廃止されたが,1935年労働党単独内閣がそれらを復活強化した。第2次世界大戦でもイギリスを支援し,対日戦ではアメリカ合衆国の有力基地の役割を果たした。ニュージーランドの防衛は,イギリス軍よりもアメリカ軍によって維持された結果,戦後はアメリカへの接近の傾向が強く,東南アジア条約機構のメンバーとなり,アメリカの主導権を支持した。1950年代以降は西側への依存を強めた。内政面では 1950年代以降マオリ族の人口増加により,彼らの教育,社会,経済水準の向上が懸案事項となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android