コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューブリテン[島] ニューブリテン

2件 の用語解説(ニューブリテン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニューブリテン[島]【ニューブリテン】

ビズマーク諸島の最大の島。ニューギニア島の東にある。住民はメラネシア人。主都は北東端のラバウル。島は三日月形で,数個の活火山をもち,ファーザー山(2300m)が最高。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニューブリテン[島]【New Britain Island】

南西太平洋パプア・ニューギニア領の島。ニューギニア島の東方に浮かぶビズマーク諸島中最大の島。三日月形をしており,長さ約600km,最大幅約80km,面積約3万7700km2。人口31万(1990)。険しい山々が連なり,多くの火山がある。気候は熱帯性で雨も多い。1700年にW.ダンピアにより西欧に紹介され,ドイツの保護領を経て第1次大戦後オーストラリア委任統治領となった。第2次大戦中は一時日本軍に占領され,日本軍とアメリカ・オーストラリア連合軍との戦場となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone