コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニリンソウ

百科事典マイペディアの解説

ニリンソウ

ガショウソウとも。北海道〜九州,東アジアに分布し,林縁や林床,小川の縁などにはえるキンポウゲ科の多年草。根出葉掌状に3裂し柄がある。4〜5月,20〜30cmの花茎を出し,頂に3枚の総包葉をつけ,その中心から2本内外の花柄をのばす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニリンソウ
にりんそう / 二輪草
[学]Anemone flaccida Fr. Schm.

キンポウゲ科の多年草。地下茎は黄褐色でやや太く、横にはうが長さは5センチメートル以下。茎は高さ15~30センチメートル。茎葉は深く3裂した3枚が輪生し、表面には白斑(はくはん)があり、葉柄はない。早春植物の一つで、3~5月、茎の先に径約2センチメートルの白色花を1~4個上向きに開く。花は2個つくことがもっとも多いので、1個つけるイチリンソウに対してニリンソウの名がある。果実は痩果(そうか)、楕円(だえん)形で毛がある。子葉は1枚にみえるが、これは2枚の子葉が合着したものである。暖帯から温帯の林縁に生え、日本、朝鮮半島、中国東北部、アムールに分布する。キンポウゲ科は一般に有毒植物が多いが、本種は食用となる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のニリンソウの言及

【イチリンソウ(一輪草)】より

… アズマイチゲA.raddeana Regelは本種に似ているが,萼片がより細く,8~13枚あり,淡紫色または白色。ニリンソウA.flaccida Fr.Schm.(イラスト)はやはり春咲短期植物であるが,これらに比べて,花茎は基部に根生葉があり,茎葉は無柄で,1~3個の花をつける。根生葉は5深裂し,裂片は欠刻する。…

【有毒植物】より

トリカブトの根も漢方薬として用いられるが,用量の調節が難しく,量を過ごせば生命を落とすことになる。ニリンソウとの誤食によって中毒をおこすこともある。 有毒植物には大別して摂取して中毒をおこすものと接触によって皮膚炎をおこすものとがあり,前者はまた急性的に消化器系,肝臓,腎臓,心臓や神経系をおかすもの,さらには慢性的に作用して発癌性を示すものなどに分けられ,後者は物理的にこすれたりとげがささったりするものと,アレルギーによって皮膚炎をおこすものとに分けられる。…

※「ニリンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニリンソウの関連キーワード有毒植物による中毒りんりんちゃんサンリンソウアネモネ牡丹一華鵞掌草種子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニリンソウの関連情報