コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワウメ

百科事典マイペディアの解説

ニワウメ

リンショウバイ(林生梅)とも。中国原産のバラ科の落葉低木。庭木とされる。は細く,よく伸びる。葉は卵形で長さ3〜7cm,縁に鋸歯(きょし)がある。は春,2,3個ずつつき,径約1.5cm,淡紅または白色の5弁花で,1cm内外の細い柄がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニワウメ【Japanese bush cherry】

バラ科の落葉低木で,庭園に観賞用に栽植される。基部近くから多くの枝をわかち,高さ1~2mになる。葉は短い葉柄があって互生し,卵状披針形,表は無毛で,縁には重鋸歯がある。春,葉がもえ出ると同時に,前年の枝の葉腋(ようえき)に1~3個の花をつける。花は小型で径1.5cmほど,桃色あるいは白色で,萼片花弁は5枚,多数のおしべがある。核果はさくらんぼ状で赤く熟し,食べられる。学名japonica(〈日本の〉の意)となってはいるが,原産地は中国大陸で,日本へは古くに導入された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニワウメ
にわうめ / 庭梅
[学]Prunus japonica Thunb.

バラ科の落葉低木。茎は株立ちになり、高さ1~2メートル。枝は細くて長く伸びる。葉は互生し、卵形または卵状披針(ひしん)形で長さ4~7センチメートル、先はとがって基部は丸く、縁(へり)に二重の細かい鋸歯(きょし)があり、裏面の脈上にすこし毛がある。4月、葉が出る前、または葉とともに淡紅白色または淡紅色で径約1.5センチメートルの花を2~3個ずつ枝に多数つける。花弁は倒卵形で5枚、萼片(がくへん)も5枚、雄しべは多数ある。果実は球形の核果で径約1センチメートル。6月、暗紅色に熟し、すこし甘味があって食べられる。中国原産。庭木、鉢植えにして観賞され、種子は薬用になる。陽樹で北海道から沖縄の適潤な肥沃(ひよく)地でよく育つ。土質は選ばず、移植は容易である。繁殖は実生(みしょう)、株分け、挿木による。類似種ヒトエノニワザクラは中国中・北部原産の落葉低木。葉は卵状長楕円(ちょうだえん)形で先はとがり、縁に丸みを帯びた細かい鋸歯がある。白色または淡紅色で径約2センチメートルの5弁花を開き、核果は球形で径1~1.5センチメートル、赤く熟す。花が白色で八重咲きになった園芸品種をニワザクラといい、葉は細長く、表面にしわが寄る。ほかに園芸品種に淡紅色の八重咲き種ベニバナヤエニワザクラもある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニワウメの関連キーワードオオシモフリスズメニワザクラ唐棣・棠棣万葉植物唐棣花サクラ山桜桃色彩翼酢朱華棠棣小梅庭桜

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android