コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌカボ

百科事典マイペディアの解説

ヌカボ

イネ科の二年草。日本全土,東アジアにみられ,田のあぜや多少湿った野原などに普通にはえる。高さ40〜80cm,5〜6月開花。花穂は細長い円錐形で,多数の小穂がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヌカボ【Agrostis clavata Trin.var.nukabo Ohwi】

路傍や原野の草原に普通のイネ科の二年草(イラスト)。密に叢生(そうせい)して株を作る。茎は細く,高さ40~80cm。葉は細い線形で,長さ10cm余り,幅は3mm内外で,鞘(さや)とともにざらつく。初夏に開花する。花序はほとんど円柱状に見える幅の狭い円錐で,長さ20~30cm,数節から2~3本ずつの毛管状の枝を出し,ほとんどその基部からやや密に小穂をつける。小穂は長さ2.5~3.5mm,淡緑色で多少紫色を帯び,1個の微細な小花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌカボ
ぬかぼ / 糠穂
[学]Agrostis clavata Trin. subsp. matsumurae Tateoka

イネ科の多年草。稈(かん)はやや株立ちし、高さ約50センチメートル、基部に翌年の新苗をつける。4~7月、稈頂に円錐(えんすい)花序をつける。花序の分枝は長短不同で、仮輪生状、ほぼ基部から小穂がある。花序は花期に開出し、花期後は直立する。小穂は1.5~1.7ミリメートル、小花が1個ある。護穎(ごえい)は包穎より短く、芒(のぎ)はない。日本全土の丘陵地に普通に生え、朝鮮半島、中国、またフィリピンの高山にも分布する。名は、小穂が小さく、糠(ぬか)のように微細であるためつけられた。基本種はヤマヌカボである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヌカボの関連キーワードミヤマヌカボ(深山糠穂)ツマジロウラジャノメヌカボタデ(糠穂蓼)ヌカボシクリハランイネキモグリバエヌカボ(糠穂)イブキヌカボコヌカグサ二階 重楼クリハラン二階重楼タデ変種

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android