コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌカボ

3件 の用語解説(ヌカボの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヌカボ

イネ科の二年草。日本全土,東アジアにみられ,田のあぜや多少湿った野原などに普通にはえる。高さ40〜80cm,5〜6月開花。花穂は細長い円錐形で,多数の小穂がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヌカボ【Agrostis clavata Trin.var.nukabo Ohwi】

路傍や原野の草原に普通のイネ科の二年草(イラスト)。密に叢生(そうせい)して株を作る。茎は細く,高さ40~80cm。葉は細い線形で,長さ10cm余り,幅は3mm内外で,鞘(さや)とともにざらつく。初夏に開花する。花序はほとんど円柱状に見える幅の狭い円錐で,長さ20~30cm,数節から2~3本ずつの毛管状の枝を出し,ほとんどその基部からやや密に小穂をつける。小穂は長さ2.5~3.5mm,淡緑色で多少紫色を帯び,1個の微細な小花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌカボ
ぬかぼ / 糠穂
[学]Agrostis clavata Trin. subsp. matsumurae Tateoka

イネ科の多年草。稈(かん)はやや株立ちし、高さ約50センチメートル、基部に翌年の新苗をつける。4~7月、稈頂に円錐(えんすい)花序をつける。花序の分枝は長短不同で、仮輪生状、ほぼ基部から小穂がある。花序は花期に開出し、花期後は直立する。小穂は1.5~1.7ミリメートル、小花が1個ある。護穎(ごえい)は包穎より短く、芒(のぎ)はない。日本全土の丘陵地に普通に生え、朝鮮半島、中国、またフィリピンの高山にも分布する。名は、小穂が小さく、糠(ぬか)のように微細であるためつけられた。基本種はヤマヌカボである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌカボの関連キーワード狗尾草小米草小鮒草雀の帷子力芝糠穂蓑米脚細小糠草ナズナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌカボの関連情報