コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマガヤ Moliniopsis japonica (Hack.) Hayata

世界大百科事典 第2版の解説

ヌマガヤ【Moliniopsis japonica (Hack.) Hayata】

原野や山中の湿地に生えるイネ科多年草(イラスト)。大型で剛直な草で,短い根茎があって走出枝はなく,叢生(そうせい)し,しばしば群生する。茎は高さ60~120cm,直立し,やや細いが硬く,葉のついた基部から長く抽出し,花序まで節がない。葉は茎の基部に数枚あり,根生およびやや根生,硬く,やや立ち,長い線形で,長さ50cm,幅1cmほどに達し,色の淡い表は途中でねじれ下を向く裏葉となり,裏は濃い緑色をしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマガヤ
ぬまがや / 沼茅
[学]Moliniopsis japonica Hayata

イネ科の水生多年草。根茎は短く、根は堅い。稈(かん)は高さ0.3~1メートル、基部は節間が詰まって肥厚し、数珠(じゅず)状になる。葉は、表面は粉白色を帯び、脈が隆起し、葉身と葉鞘(ようしょう)の間に関節がある。8~10月、稈の先端に長さ10~40センチメートルの円錐(えんすい)花序をつける。小穂は披針(ひしん)形で長さ0.8~1.2センチメートル、灰紫色を帯び、小花が3~5個ある。包穎(ほうえい)は小さく、護穎は長さ4~5.5ミリメートル、3本の脈があり、基盤の毛束は長さ約1ミリメートル。山地の湿原に群生し、北海道から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、沼地に生えることによる。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヌマガヤの言及

【湿原】より

…さらに泥炭の集積が進み,ミズゴケ類が生育しはじめて高層化してくると中間湿原に発達する。この段階では,スゲ類に加えてヌマガヤ,ワタスゲ,オオイヌノハナヒゲなどの植物が多くなる。全域のミズゴケが生長しさらに高層化すると,ドーム状に中央がもり上がる。…

※「ヌマガヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌマガヤの関連キーワード八島ヶ原湿原タツノヒゲ湿生植物釧路湿原中間湿原戦場ヶ原酸性植物田代平尾瀬湿原

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android