コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーボー・レアリスム ヌーボー・レアリスムNouveau Réalisme

3件 の用語解説(ヌーボー・レアリスムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーボー・レアリスム
ヌーボー・レアリスム
Nouveau Réalisme

現代美術用語。新現実主義。 1960年ミラノ開かれた Y.クライン,J.ティンゲリー,F.アルマン,R.アンスら6人のグループ展の出品作に批評家 P.レスタニーが与えた名称。作品がいずれも再現という手段によらず,現代社会の産物をそのまま素材とすることによって,今日の現実を表わしているというのがその理由であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヌーボー・レアリスム

1960年,批評家ピエール・レスタニーが中心となって展覧会と宣言を行ったフランス前衛美術のグループ。〈新しい現実〉という名称の通り,時代状況をそのまま提示することをスローガンとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌーボー・レアリスム
ぬーぼーれありすむ
nouveau ralismeフランス語

フランスの批評家ピエール・レスタニーPierre Restany(1930―2003)によって、パリ在住の画家・彫刻家を中心に組織された運動で、「新しい現実主義」の意。1960年4月ミラノのアポリネール画廊で最初の宣言を発表し、「社会の現実を論争の意図なくありのままに記録する」ことを表明した。ついで6月、パリのリーブ・ドロワット画廊で「現実は虚構をしのぐ」のモットーで「パリとニューヨークヌーボー・レアリスム展」を催した。メンバーは、イブ・クライン、ジャンティンゲリー、ニキ・ド・サンファールフェルナンデスアルマンFernandez Arman(1928―2005、本名アルマン・フェルナンデスArman Fernandez)、セザールCsar(1921―98、本名セザール・バルディッチーニCsar Baldiccini)、ダニエル・スペーリDaniel Spoerri(1930― )らにニューヨークのネオ・ダダの美術家たちが加わる。彼らは抽象表現主義への反動として、現代の都市的現実の呈示をねらう一種の反芸術を展開した。62年にニューヨーク、63年にミュンヘン、70年にミラノで凱旋(がいせん)展を催し、その運動を終えた。[野村太郎]
『ピエール・レスタニー著、日向あき子訳「ヌーボー・レアリスムとネオダダ」(『美術手帖』1962年12月号所収・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヌーボー・レアリスムの関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone