コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーボー・レアリスム ヌーボー・レアリスム Nouveau Réalisme

3件 の用語解説(ヌーボー・レアリスムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーボー・レアリスム
ヌーボー・レアリスム
Nouveau Réalisme

現代美術用語。新現実主義。 1960年ミラノ開かれた Y.クライン,J.ティンゲリー,F.アルマン,R.アンスら6人のグループ展の出品作に批評家 P.レスタニーが与えた名称。作品がいずれも再現という手段によらず,現代社会の産物をそのまま素材とすることによって,今日の現実を表わしているというのがその理由であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヌーボー・レアリスム

1960年,批評家ピエール・レスタニーが中心となって展覧会と宣言を行ったフランス前衛美術のグループ。〈新しい現実〉という名称の通り,時代状況をそのまま提示することをスローガンとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌーボー・レアリスム
ぬーぼーれありすむ
nouveau ralismeフランス語

フランスの批評家ピエール・レスタニーPierre Restany(1930―2003)によって、パリ在住の画家・彫刻家を中心に組織された運動で、「新しい現実主義」の意。1960年4月ミラノのアポリネール画廊で最初の宣言を発表し、「社会の現実を論争の意図なくありのままに記録する」ことを表明した。ついで6月、パリのリーブ・ドロワット画廊で「現実は虚構をしのぐ」のモットーで「パリとニューヨークヌーボー・レアリスム展」を催した。メンバーは、イブ・クライン、ジャンティンゲリー、ニキ・ド・サンファールフェルナンデスアルマンFernandez Arman(1928―2005、本名アルマン・フェルナンデスArman Fernandez)、セザールCsar(1921―98、本名セザール・バルディッチーニCsar Baldiccini)、ダニエル・スペーリDaniel Spoerri(1930― )らにニューヨークのネオ・ダダの美術家たちが加わる。彼らは抽象表現主義への反動として、現代の都市的現実の呈示をねらう一種の反芸術を展開した。62年にニューヨーク、63年にミュンヘン、70年にミラノで凱旋(がいせん)展を催し、その運動を終えた。[野村太郎]
『ピエール・レスタニー著、日向あき子訳「ヌーボー・レアリスムとネオダダ」(『美術手帖』1962年12月号所収・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌーボー・レアリスムの関連キーワード超現実主義MOMA学術用語現実主義新現実派リアリストMOCA清里現代美術館キリスト教的現実主義大正時代美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone