コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオグェルフ主義 ネオグェルフしゅぎ neoguelfismo

2件 の用語解説(ネオグェルフ主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオグェルフ主義
ネオグェルフしゅぎ
neoguelfismo

イタリアのリソルジメント期に現れた自由主義カトリック運動。教皇を首長とする連邦制によってイタリアの国家統一を実現すべきだという主張を掲げ,V.ジョベルティが著書『イタリア人の道徳的文明的優越性』 (1843) によってこの主張を理論化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネオグェルフ主義
ねおぐぇるふしゅぎ
neoguelfismoイタリア語

19世紀前半のイタリアに現れたカトリック自由主義運動の一つ。この運動の目的は、教皇を総裁とするイタリア連邦国家の下で、諸君主の協力によって民族更生の実現を図ろうとするものであった。ピエモンテ思想家ジョベルティの著書『イタリア人の倫理的、市民的優位について』(1843)のうちにもっとも明確に表明された運動のプログラムは、1846~1847年に開明的改革を断行したピウス9世によって実現されるのではないかと大いに期待された。しかし1848年4月末の教皇教書は、イタリア民族主義とカトリック普遍主義が相いれないことを宣言して、対オーストリア独立戦争(1848~1849)からの離脱を表明したため、独立戦争への教皇参加の期待はついに幻想に終わった。[重岡保郎]
『森田鉄郎著『イタリア民族革命』(1976・近藤出版社) ▽K・アーレティン著、沢田昭夫訳『カトリシズム 教皇と近代世界』(1973・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネオグェルフ主義の関連キーワード青年イタリアリソルジメントロッセリイタリア統一戦争マジェンタの戦いの後のイタリア陣営カイローリイタリア統一《リソルジメント》リソルジメント運動リソルジメント文学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone