コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオピリナ ネオピリナNeopilina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオピリナ
Neopilina

軟体動物門単板綱ネオピリナ科の種類。古生代カンブリア紀からデボン紀に栄えた原始的形態をもつ軟体動物である単板類の現生種で,「生きている化石」といわれる。殻は笠形,殻頂は前方に位置し,やや高く,前方にとがる。軟体は眼や触角を欠く。外套腔には5~6対の鰓があり,肛門は後方にある。足は大きく,収足筋痕は左右に8対ある。 1952年にデンマーク海洋調査船ガラテア』号がパナマ沖で N. galatheaeを発見したのが最初で,現在では南・北アメリカ西岸,アラビア半島のアデン沖,大西洋南部や南極海の深海から7属 20種ほどが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ネオピリナ(〈ラテン〉Neopilina)

単板綱ネオピリナ目の軟体動物の総称。貝殻は笠形の楕円形で、殻長2~37ミリ。体の収縮筋・えら・神経などに体節構造を示し、「生きている化石」といわれる。中央アメリカ沖や東太平洋などの深海から約10種が知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネオピリナ

軟体動物単板類ネオピリナ科。この類は古生代に栄えたが,中生代以後の化石は発見されていない。現生種は1952年パナマ沖で発見され,現在中央・南アメリカの太平洋沖,ハワイ沖,紅海アデン沖などの水深1800〜6500mの深海の泥底から10種ほどが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネオピリナ【neopilina】

単板綱ネオピリナ科Neopilinidaeに属する軟体動物の総称であるが,とくにその中で1952年にデンマークの深海調査船ガラテア号によりパナマ沖で最初に発見され,体の構造がもっともよくわかっているNeopilina galatheae(イラスト)を指すことも多い。この仲間は古生代カンブリア紀からデボン紀に栄えた単板類の生き残りで〈生きている化石〉の一つである。現生種は3属10種ある。殻は笠形で,カサガイに似ており,大きなものでも4cmに満たない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネオピリナ
ねおぴりな

広義には軟体動物門単板綱ネオピリナ科Trybliidaeに属する動物の総称で、狭義にはそのうちの代表的な一種Neopilina galatheaeをさす。種のネオピリナ(ガラテアガイ)は、1952年中央アメリカのコスタリカ沖、水深3570メートルの深海からデンマークの調査船ガラテア号によって採集された。長径37ミリメートル、短径35ミリメートル、殻高13ミリメートルの笠(かさ)形の殼をもち、目と頭部触角はない。口の両側に広い唇弁と口後触角がある。肛門(こうもん)は後方に位置する。えらは5対。腎臓(じんぞう)も神経も対性で、殻内面の筋肉痕(こん)は馬蹄(ばてい)形でなく8対に分かれている。この特徴は、古生代上部カンブリア紀から上部オルドビス紀の化石から現れるピリナPilinaにみられ、軟体動物の祖先が環形動物のような体節構造をもつという説を裏づけるものとされた。最初、胎殻は巻いていると報じられたが、現在はこの点は疑問視されている。
 ついで1959年にユーインガイN. (Vema) ewingiが南アメリカの沖から発見され、以後現在までに同科には、中央太平洋に2種、東太平洋に7種、南大洋(太平洋、インド洋、大西洋の三大洋南部が一続きとなった海域)に2種、北大西洋に一種の合計12種が報告されている。ネオピリナ類は、いずれも水温2~3℃以下の軟らかい泥底にいて(一種だけは例外的に陸棚の岩礫(がんれき)上)、浮泥を餌(えさ)にしている。「生きている化石」の代表的なものである。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネオピリナの言及

【環形動物】より

…環形動物にはそれぞれ外形が非常に異なる六つの綱が含まれており,とくに多毛綱では外形がよく分化しているためにさまざまな形のものが見られる。 環形動物と軟体動物との幼生の形がよく似ているので両者は近縁なものと考えられてきたが,軟体動物で体に多少体節的構造が見られるネオピリナNeopilina(イラスト)が発見され,環形動物と軟体動物とはネオピリナのような祖先から体節制が失われて貝殻が発達して軟体動物になり,他方では体節が発達して殻を失い環形動物になったと考えられるようになった。 環形動物は多毛綱,貧毛綱,ヒル綱,吸口虫綱の4綱に分けられるが,これらの綱の間の類似点は比較的少ない。…

※「ネオピリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネオピリナの関連キーワード中間動物環形動物進化

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android