コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネワール

2件 の用語解説(ネワールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ネワール

ネパール中央部,首都カトマンズを含むネパール盆地を故地とする民族集団。人口約58万人(1991)。チベットビルマ系のネワール語が母語。主に農業・商業に従事。7世紀以降ネパール盆地に都市国家をつくり,とくに13―18世紀のマッラ王朝が栄えた。
→関連項目クマリグルカネパールパータンバドガウン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネワール【Newār】

ネパールのカトマンズ盆地(標高約1300m)を故地とする人々。人口約45万(1971)。母語はチベット・ビルマ語系のネワール語で,ネパール語を国語とする国の首都の主要住民が,国語とまったく異なる言葉をもつという形になっている。彼らは古くから都市文明を培い,シャハŚāh王朝による現ネパール王国の統一(1768∥69)以前に盆地とその周辺を版図とするいくつかの王朝を築いた。7世紀前後数世紀にわたって存在したリッチャビLicchavi王朝の繁栄は中国の史書にも見え,また13~18世紀のマッラMalla王朝時代には建築,彫刻などの工芸や学問が開花した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のネワールの言及

【カトマンズ】より

…また近年,観光都市,登山の基地として外国人をひきつけている。カトマンズは古来ネワールの人々の世界であったが,18世紀のグルカ勢力による征服すなわち現ネパール王国の創設以来,一種の重層社会が出現しており,ネワールの人々よりも,グルカ勢力の中心であるバウン,チェトリなどのカーストの人々が優位に立つという形になっている。この重層性は都市形態面にも見られ,3~4階の煉瓦建ての家々が路地に面して連なるネワールの旧市街と,まわりの独立住宅の散在する新しい住宅地とが明瞭な対照をなす。…

【住居】より

…屋根は民族やカーストにより異なるが,北部では瓦葺きが,南部では草葺きが多く,少雨地帯では陸(ろく)屋根もある。
【ネパール】
 集落や住居の構成はネワール族とその他の部族でまったく異なる。ネワール族は北方のチベット文化と南方のヒンドゥー文化の影響の下にカトマンズの谷に独自の混合文化を開花させたが,その基盤を築いたのはマッラ朝である。…

【ネパール】より

…一方,(2)に属する人々の母語はチベット・ビルマ語系で,その中に数十の民族の言語が含まれる。代表的言語名(=民族名)は(2-a)では,東からリンブー,ライ(ライ・リンブー),タマンネワールグルンマガルなど,(2-b)ではチベット,シェルパなどで,人口は数万から数十万である。このほか,わずか数家族という言語集団も見られる。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

… 山地の中にあってカトマンズ盆地のみは,ずばぬけた豊かな土地で,古くから文明の波が押し寄せていた。この盆地のもとからの住人はネワール人で,その母語はヒマラヤ諸語の中で唯一の文字をもつ言語である。彼らは農民として水田耕作をし,また職人や商人として,工芸の才や商才にたけ,盆地に独自の文化をつくりあげた。…

※「ネワール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネワールの関連情報