ネーブルオレンジ(英語表記)Citrus sinensis var. brasiliensis; navel orange

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーブルオレンジ
Citrus sinensis var. brasiliensis; navel orange

ミカン科の常緑高木。アマダイダイの変種とされ,いわゆる柑橘類 citrusの代表種である。多くの品種が知られているが,最も普通のものはワシントンネーブル Washington navelである。 19世紀の初め頃ブラジルで出現した園芸品種で,1870年にアメリカのカリフォルニアに輸入されて以来,スペインをはじめ世界各地に広まった。樹高は4~10mになる。葉柄に幅の狭い翼があり,花は白色で芳香がある。果実はほぼ球形,果頂に小さいへそ状の嚢果があるのが特徴で,味も香りもよい。日本でも広島県,愛媛県などで一時盛んに栽培されたが,耐寒性が弱く,多湿の気候に向かないため,現在では産額は減少している。 (→ミカン〈蜜柑〉 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネーブルオレンジ【navel orange】

かんきつ類の1種で早生のスイートオレンジの代表種(イラスト)。果実は球形で果頂部に重囊よりなるへそ(ネーブル)がある。樹勢は弱く,枝はいくぶん下垂する。病虫害に比較的弱い。寒さにはレモンより強いが,ナツミカンより弱い。花は白色5弁で5月に咲く。雄性不稔。雌性器官もほとんど不全で,無核果が多い。単為結果性がある。種子は白色,多胚。ポルトガル人がブラジルのバイア地方に導入したセレクタオレンジselecta orangeから枝変りによって生じたといわれ,1820年ごろから栽培され始めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ネーブルオレンジ【navel orange】

オレンジの一種。ブラジル原産。果実は球形ないし楕円形で頂点がへそ形に盛り上がる。日本には明治中期に入り、広島・和歌山などで栽培される。香りがよく、多汁で甘みに富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のネーブルオレンジの言及

【オレンジ】より

…普通にオレンジというとこのスイートオレンジをさす。さらにバレンシアオレンジ(イラスト)などの普通系オレンジcommon orange,ネーブルオレンジnavel orange,血ミカンblood orange(またはpigmented orange),無酸オレンジsugar orange(またはacidless orange)の4種に分類できる。(2)サワーオレンジC.aurantium L.(英名sour orange) ビターオレンジbitter orangeともいわれる。…

【かんきつ類(柑橘類)】より

…熟期ではウンシュウミカン(以下ウンシュウ)のように秋から正月ころに食用にされる早生種,ハッサクのように2月から4月ころに食用にされる中生種,ナツミカンのように4月以降に食用にされる晩生種と3群に大別される。しかし,早生種のウンシュウやネーブルオレンジ(以下ネーブル)でも3~4月ころまで貯蔵して出荷されることがある。また同じ品種群内に早・中・晩生種が分化していることもある。…

※「ネーブルオレンジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネーブルオレンジの関連情報