コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノガリヤス

百科事典マイペディアの解説

ノガリヤス

サイトウガヤとも。イネ科多年草。北海道南西部〜九州の野原丘陵地の林などにはえる。高さ50〜160cm。初秋に開花する。花穂は円錐状で直立し,1小花からなる小穂を多数つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノガリヤス【Calamagrostis srundinacea (L.) Roth(=Deyeuxia arundinacea (L.) P.Beauv.)】

山地や丘陵地の林間草地原野に普通に見られるイネ科の多年草(イラスト)。短い根茎をもち,まばらに叢生(そうせい)した株をつくる。茎は直立して硬く,高さは50~150cmに達し,6~7節があり,枝分れしない。葉はおおむね茎の節につき,細長い線形で,長さは30~50cm,幅4~8mmで,やや硬く,下半部でねじれて裏が上に出たいわゆる裏葉(うらは)となり,ややざらつく。円錐花序は秋に茎頂にあらわれ,全体長楕円形で,直立し,長さは15~40cm,短い枝を多数斜上し,小穂を多数密生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノガリヤス
のがりやす / 野刈安
[学]Calamagrostis arundinacea (L.) Roth var. brachytricha (Steud.) Hack.

イネ科の多年草。稈(かん)は堅く、高さ0.6~1.5メートル。葉鞘(ようしょう)に毛がある。8~10月、稈頂に分枝が輪生状につく円錐(えんすい)花序をつける。小穂は長さ4~5ミリメートル、小花が1個ある。芒(のぎ)は膝(ひざ)折れし、護穎(ごえい)の基部近くから出て小穂外に突出する。基盤の毛束は短い。丘陵地や山地の草原に生え、北海道から九州に分布する。基本種はユーラシア大陸に広く分布する。名は、カリヤスに似ており、野原に普通にみられることによる。また、比叡山(ひえいざん)の西塔(さいとう)に多くみられるのでサイトウガヤともいう。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノガリヤスの関連キーワード利尻礼文サロベツ国立公園ツマジロウラジャノメオオナンバンギセルオノエガリヤスサイトウガヤパンパス山地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android