コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノスタルジア nostalgia

翻訳|nostalgia

デジタル大辞泉の解説

ノスタルジア(nostalgia)

異郷にいて、故郷を懐かしむ気持ち。また、過ぎ去った時代を懐かしむ気持ち。郷愁ノスタルジー。「ノスタルジアをおぼえる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ノスタルジア

1983年製作のイタリア・ソ連・フランス合作映画。原題《Nostalghia》。監督:アンドレイ・タルコフスキー、出演:オレグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノほか。

ノスタルジア

トランペット奏者、ファッツ・ナヴァロの1946~47年録音のジャズ・アルバム。SAVOYレーベル。アート・ブレイキー、デクスター・ゴードンらが参加。原題《Fats Navarro Memorial Album》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ノスタルジア【nostalgia】

異国にいて、離れた故郷を懐かしむ気持ち。郷愁。望郷心。ノスタルジー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノスタルジア
のすたるじあ
Nostalghia

1983年のイタリア・フランス・ソ連共同制作映画。アンドレイ・タルコフスキー監督。タルコフスキーが国外で、初めてソ連当局の干渉なしに自由に撮った映画。この作品を撮ることが、彼に西側世界への亡命を決意させた。世界の終末からの回避というテーマをもつこの作品は、タルコフスキー独自の詩的映像宇宙の繊細な美しさが横溢(おういつ)した傑作である。カンヌ国際映画祭でグランプリと同等の創造大賞に加え、国際批評家連盟賞を受賞。詩人のゴルチャコフは、弾圧を承知でイタリアを放浪しロシアに帰国後自殺を遂げた音楽家サスノフスキーの伝記を書くため、心臓発作の持病をおしてイタリアにやって来た。トスカーナの湯治場で、世界の終末から人々を救うことを説いて村人から狂人視されている老人ドメニコのことを耳にして興味をもち、彼を訪ねて世界を救うために、ある約束をする。それは彼にかわって蝋燭(ろうそく)に火をともし、それを消すことなく死を賭(と)しても大浴場を横断することであった。[田中 陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノスタルジアの関連キーワードアンドレイ タルコフスキーウラディミール ナボコフ日本きもの文化美術館サンガルガーノ修道院ピクチャースタイルチャールズ デニスイリス ウールトバードカービングエバンジェリン三橋 美智也赤木 圭一郎五十嵐三南子グイラルデスベッチェマンロシア連邦ロシア映画小池真理子多和田葉子ナボコフビダール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノスタルジアの関連情報