コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボトニー ノボトニー Novotný, Antonín

3件 の用語解説(ノボトニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボトニー
ノボトニー
Novotný, Antonín

[生]1904.12.10. プラハ近郊レトニャニー
[没]1975.1.28. プラハ
チェコスロバキアの政治家。 1921年共産党入党,30~35年プラハ地区党書記,41年ナチスに逮捕され強制収容所に入れられた。第2次世界大戦後プラハ党指導部に復帰,48年2月のクーデターの際活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノボトニー

チェコスロバキアの政治家。若くして共産党員となり,第2次大戦中に地下運動で活躍,ドイツ軍に捕らえられた。親ソ派の指導者で,1953年副首相,党第一書記,1957年大統領となったが,1968年失脚。
→関連項目ドゥプチェク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボトニー
のぼとにー
Antonn Novotn
(1904―1975)

チェコスロバキアの政治家。プラハ近郊の生まれ。機械工出身。1921年に共産党加入。1941~1945年にはナチスのマウトハウゼン収容所に入れられた。1946年からプラハ市党書記、1951年に党中央委書記に就任、1953年ゴットワルトの死後党第一書記になり、1957年に大統領を兼任した。改革派の批判を浴び、1968年1月党第一書記を、3月に大統領を辞任した。1971年に党員資格停止[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノボトニーの関連キーワードプラハ学派プラハの春プラハのオルロイコーリャ/愛のプラハチープラブプラハ弦楽四重奏団プラハ室内管弦楽団プラハテレビタワープラハ・フィルハーモニアプラハマラソン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノボトニーの関連情報