コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミ(蚤)(読み)ノミ

百科事典マイペディアの解説

ノミ(蚤)【ノミ】

ノミ目(隠翅(いんし)目)に属する昆虫総称。体長4mm以下の微小種が多く,褐色。縦に扁平で,後肢はよく発達して跳躍するものが多い。翅は退化して全くない。完全変態。一世代は季節によって異なるが,一般に約1ヵ月内外。幼虫は乳白色の蛆(うじ)状で,老熟幼虫は繭を作って蛹化(ようか)する。成虫は雌雄ともに哺乳(ほにゅう)類の皮毛の間に寄生し,皮膚から吸血する。昆虫の中では系統上最も新しく,哺乳類の出現以後に双翅目中の下等な一群から分化し,発展したといわれる。哺乳類の種類によってそれぞれ異なった種類のノミが寄生するが,コウモリ類やサル類などには寄生しない。ヒトノミだけでなくネズミに寄生するノミ類も人間を吸血することがあり,特にケオプスネズミノミペストを媒介するので有名。防除は床下や畳の下の清掃が第一。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノミ【ノミ(蚤) flea】

ノミ目Siphonapteraに属する昆虫の総称。隠翅類Aphanipteraともいわれる。褐色の米粒ほどの小さい生きもので,ピョンピョンとぶ。哺乳類や鳥類生き血を吸い病気を媒介するのできらわれる。体は左右から押しつぶされたように縦に扁平,くびれがなく全体が流線型となる。体表キチン質の板でおおわれ,刺毛剛毛が後向きにはえ,ときには櫛歯(くしば)の列があり被毛,羽毛中での移動や休止時の安定,体の保護に役だっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android