のみならず(読み)ノミナラズ

デジタル大辞泉の解説

のみ‐なら‐ず

[連語]《副助詞「のみ」+断定の助動詞「なり」の未然形+打消しの助動詞「ず」》
…ばかりでなく。…だけでなく。「筆者のみならず世人も認めるところ」
(いったん文を切ったあと、接続詞的に用いて)そればかりでなく。その上に。「彼は私にとって無二の親友だ。のみならず恩人でもある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のみならず

( 連語 )
〔副助詞「のみ」に断定の助動詞「なり」の未然形「なら」と打ち消しの助動詞「ず」が付いたもの〕
…ばかりではなく。…だけでなく。 「体力に劣る-、学力にもやや弱いところがある」 「俳優として-、演出家としてもすぐれた仕事をしている」
〔文頭に置いて、接続詞的に用いて〕 そればかりではなく。 「彼は学者として大きな業績をあげている。-、評論家としても活躍している」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のみ‐ならず

(副助詞「のみ」に断定の打消「ならず」が付いたもの) ばかりでなく。だけでなく。
① 体言または活用語の連体形を受ける。
※枕(10C終)二五「すさまじきのみならず、いとにくくわりなし」
② (①から転じて) 文頭において接続詞的に用いる。
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二四「お定の言ふことなど耳には入らなかった。而已(ノミ)ならず、〈略〉彼の悲い姿は、家に帰ってからも仍面影に立添ってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のみならずの関連情報