ノミノフスマ

百科事典マイペディアの解説

ノミノフスマ

ナデシコ科の二年草。日本全土,東アジアの温帯に広く分布し,平地にはえる。畑や道端に多い。茎は分枝して束生し,高さ15cm内外,長楕円形の葉を対生する。春〜夏,茎頂に白色で径約5mmの5弁花を開く。花弁は基部まで深く2裂するため,10弁のように見える。名は蚤の衾で,小さな葉に由来する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノミノフスマ
のみのふすま / 蚤衾
[学]Stellaria alsine Grimm var. undulata (Thunb.) Ohwi

ナデシコ科の越年草。茎は赤紫色を帯び、地表をはってよく分枝し、先は斜上する。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ約1センチメートル、縁(へり)は多少波打つ。春から夏、花をまばらに開く。花弁は白色で深く2裂し、長さ約5ミリメートル。日本全土の日当りのよい道端や田畑などに生え、東アジアの温帯を中心に分布する。名の衾(ふすま)は寝具を意味し、小さな葉をノミのふとんに見立てたもの。基本変種は花が小さく、北半球の温帯に広く分布する。[三木栄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android