コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルム ノルム norm

翻訳|norm

5件 の用語解説(ノルムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルム
ノルム
norm

一般に,n 次元のベクトル空間のベクトル x のノルム ∥x∥ (大きさともいう) を, で定義する。 xxxx の内積である。これを座標を用いて書直せば, となる。 x1x2,…,xn はベクトル x の成分である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノルム(〈フランス〉norme)

規範。規準。法則。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

ノルム

火成岩の化学組成を標準ノルム鉱物分子で表現したもの.岩石の酸化物の状態とした化学組成から計算する[Cross, et al. : 1902].この方法は理想的な状態ならば岩石から形成されると期待される鉱物種に化学成分を割り当て,その鉱物種と量を計算する方法である[Holmes : 1930, Johannsen : 1931].ノルムは4人の考案者の名を冠してCIPWノルムと呼ぶことがある.この方法で計算された鉱物種をノルム(Normative)鉱物または標準(standard)鉱物と呼び,実際に存在する鉱物(mode)と区別する.ノルム計算により得られた鉱物種の量比は現在でも利用されているが,この計算結果はあくまで化学分析の結果以上のものは示していない[鈴木 : 1994].4人の岩石学者たちは,このノルム鉱物の量比によって岩石の分類を試み,非常に細かい岩石の区分を行った.しかし現在この分類法は使われていない.CIPW分類法を見よ.ラテン語のnormaは規則,標準などの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノルム【norm】

岩石の化学組成をあらかじめ定められているノルム鉱物(標準鉱物)の重量比で表したもの。ノルム鉱物は火成岩中によく出現する鉱物のなかで比較的化学組成が単純なものを,微量成分などを除いた簡単な形で表したものである。それらを,化学分析の結果得られた岩石の総化学組成をもとに定められた規則に従って順次計算していく。この方法は,1902年にアメリカの岩石学者クロスW.Cross,イディングズJ.P.Iddings,ピアソンL.V.Pirsson,ワシントンH.S.Washingtonの4人により,火成岩をノルムをもとに分類する目的で提案されたもので,4人の頭文字をとってCIPWノルムと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノルム【norme】

法則。規範。標準。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノルムの関連キーワードノルム鉱物等化学系列変成岩の化学組成サブグラッドアプロボルセナイト組成‐共生図反応原理(火成岩成因論)鉄鉱物マフィック岩

ノルムの関連情報