コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーム Nome

翻訳|Nome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーム
Nome

アメリカ合衆国,アラスカ州の小都市。フェアバンクスの西約 850kmにあり,ベーリング海峡に突き出たスワード半島の南側に位置する。 1898年に金鉱が発見され,ゴールド・ラッシュでにぎわった。 1900年代にはほとんど無人の地から人口2万の町になったが,03年には早くも激減し,20年までに 852名に減少。現在は,交通の要地で,観光,毛皮取引などが行われている。人口 3500 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノーム(Nome)

米国アラスカ州西部、スアード半島南部の都市。20世紀初頭のゴールドラッシュ時にはアラスカ最大の人口を擁した。アンカレジをスタート地点とする世界最長の犬ぞりレースアイディタロッドのゴール地点。

ノーム(gnome)

ヨーロッパの伝承に登場する小人老人の姿をしており、大地を守る精霊とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ノーム

米国,アラスカ州,シューアード半島南岸の港町。1898年金鉱が発見され,それ以降ゴールドラッシュに見舞われ,一時は人口2万人となったが現在は衰微し,気象観測軍事基地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノーム【Nome】

アメリカ合衆国アラスカ州西部の都市。人口2301(1980)。シューアド半島南岸部に位置し,ベーリング海に臨む。1898年アンビル・クリークでの金の発見にともないアンビル・シティとして創建され,ゴールドラッシュ時(1899‐1903)の中心地として,一時は人口2万以上を擁した。金鉱は1962年に閉山し,今日では漁業,エスキモー民芸品,毛皮,観光業などが経済の中心をなす。合衆国空軍のノーム基地がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーム
のーむ
Nome

アメリカ合衆国、アラスカ州西部、スアード半島南部の都市。人口3505(2000)。1896年の金鉱の発見により町がつくられた。1899~1903年のアラスカ・ゴールド・ラッシュ時にはその中心地として栄え、一時は人口も2万を数えたが、現在は観光、漁業、皮革獣の狩猟が経済の中心となっている。エスキモーのつくる工芸品が有名。合衆国のノーム空軍基地がある。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノームの関連キーワードプラパート・チャルサティアンチャーリー バーネット十月学生革命[タイ]ジョン ユンカーマン300/帝国の進撃テックス ベネキージョージ サイモンバニー ベリガンバリー ウラノフクリット・シバラワットプラノーン古典的条件づけオキ ペルソンアメリカ合衆国チョムスキー放射線感受性ババジャニンメトロノームオキシコドンハンラハン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノームの関連情報