コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーム ノーム Nome

翻訳|Nome

6件 の用語解説(ノームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーム
ノーム
Nome

アメリカ合衆国アラスカ州の小都市。フェアバンクスの西約 850kmにあり,ベーリング海峡に突き出たスワード半島の南側に位置する。 1898年に金鉱が発見され,ゴールド・ラッシュでにぎわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノーム(Nome)

米国アラスカ州西部、スアード半島南部の都市。20世紀初頭のゴールドラッシュ時にはアラスカ最大の人口を擁した。アンカレジスタート地点とする世界最長の犬ぞりレースアイディタロッドゴール地点。

ノーム(gnome)

ヨーロッパの伝承に登場する小人。老人の姿をしており、大地を守る精霊とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノーム

米国,アラスカ州,シューアード半島南岸の港町。1898年金鉱が発見され,それ以降ゴールドラッシュに見舞われ,一時は人口2万人となったが現在は衰微し,気象観測軍事基地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノーム【Nome】

アメリカ合衆国アラスカ州西部の都市。人口2301(1980)。シューアド半島南岸部に位置し,ベーリング海に臨む。1898年アンビルクリークでの金の発見にともないアンビル・シティとして創建され,ゴールドラッシュ時(1899‐1903)の中心地として,一時は人口2万以上を擁した。金鉱は1962年に閉山し,今日では漁業,エスキモー民芸品,毛皮,観光業などが経済の中心をなす。合衆国空軍のノーム基地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーム
のーむ
Nome

アメリカ合衆国、アラスカ州西部、スアード半島南部の都市。人口3505(2000)。1896年の金鉱の発見により町がつくられた。1899~1903年のアラスカ・ゴールド・ラッシュ時にはその中心地として栄え、一時は人口も2万を数えたが、現在は観光、漁業、皮革獣の狩猟が経済の中心となっている。エスキモーのつくる工芸品が有名。合衆国のノーム空軍基地がある。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノームの関連キーワードアラスカ半島アラスカ湾シトカアラスカネブラスカアラスカ[州]アレウト[列島]キスカ[島]プリビロフ[諸島]アラスカ[山脈]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノームの関連情報