コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドパーク ハイドパーク Hyde Park

翻訳|Hyde Park

5件 の用語解説(ハイドパークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイドパーク
ハイドパーク
Hyde Park

アメリカ合衆国,ニューヨーク州東部の住宅町。ハドソン川東岸,ニューヨークの北約 120kmに位置する。 F.ルーズベルト大統領の生地で,また彼ら夫妻の葬られた土地でもある。ルーズベルト図書館,アメリカ博物館がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハイドパーク
ハイドパーク
Hyde Park

イギリスイングランド南東部,ロンドンにある公園。ロンドン市(シティ)の西方,ウェストミンスターの西部に位置する。面積は約 1.4km2。もとウェストミンスター寺院の領地で,ジェームズ1世により一般に公開された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハイド‐パーク(Hyde Park)

ロンドンの中央部にある公園。もとウエストミンスター寺院の所領、王室の狩猟園であった。戸外演説場がある。
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の州都シドニーの中心部にある公園。1810年に建設された同国最古の公園の一。英国の探検家ジェームズ=クックの銅像や第一次大戦の戦没兵士を慰霊するアンザック戦争記念碑がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ハイドパーク【Hyde Park】

イギリスのロンドン中央部にある公園。もと王室狩猟場。園内に演説広場がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハイドパーク【ハイドパーク】
Hyde Park

オーストラリア最大の都市シドニーの中心部、シティの東に広がる公園。市民の憩いの場になっている。◇ロンドンのハイドパークにちなんで名づけられた。園内には、イギリスジョージ5世、6世を記念したサンドリンガム庭園や、第一次世界大戦でのフランス軍との協力を記念したアーチボルド噴水や、戦没者を慰霊するアンザック戦争記念館などの歴史記念碑や、姉妹都市名古屋から寄贈された名古屋ガーデンもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイドパークの関連キーワードタロンガ動物園サーキュラーキーシドニータワーハーバーブリッジオーストラリア室内管弦楽団シドニーフェスティバルシドニー水族館シドニーの王立植物園ドウズポイントブルースポイント

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイドパークの関連情報