ハイド・パーク(読み)ハイドパーク

百科事典マイペディアの解説

ハイド・パーク

英国,ロンドンウェストミンスターにある公園。約1.46km2。もとウェストミンスター・アベーの所領であったが,17世紀ジェームズ1世により公開されて公園となった。北東端にはスピーカーズ・コーナーとよばれる演説広場がある。西隣のケンジントン公園にまたがるサーペンタイン池,野鳥保護区域がある。1196年から1783年まで続いた処刑場タイバーンの跡地でもある。1851年最初の万国博覧会開催地としても有名。
→関連項目アルバート公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイド・パーク
はいどぱーく
Hyde Park

イギリスの首都ロンドンのウェストミンスター区にある公園。繁華街の中心ピカデリー・サーカスの西1キロメートルほどの都心部にある。面積は146ヘクタール、サーペンタイン池を挟んで一続きの公園となっている西隣のケンジントン・ガーデンズをあわせると249ヘクタールで、東京の日比谷(ひびや)公園の約15倍に相当する。ウェストミンスター寺院の所領からヘンリー8世(在位1509~1547)の時代に王室の狩猟地となり、1635年チャールズ1世によって市民に公開され公園となった。北東隅のマーブル・アーチ付近にスピーカーズ・コーナーがあり、1872年以来自由な討論が行われる場所として有名。1851年第1回万国博覧会の会場となった。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例