コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイド・パーク ハイドパーク

2件 の用語解説(ハイド・パークの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハイド・パーク

英国,ロンドンウェストミンスターにある公園。約1.46km2。もとウェストミンスター・アベーの所領であったが,17世紀ジェームズ1世により公開されて公園となった。
→関連項目アルバート公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイド・パーク
はいどぱーく
Hyde Park

イギリスの首都ロンドンのウェストミンスター区にある公園。繁華街の中心ピカデリー・サーカスの西1キロメートルほどの都心部にある。面積は146ヘクタールサーペンタイン池を挟んで一続きの公園となっている西隣のケンジントン・ガーデンズをあわせると249ヘクタールで、東京の日比谷(ひびや)公園の約15倍に相当する。ウェストミンスター寺院の所領からヘンリー8世(在位1509~1547)の時代に王室の狩猟地となり、1635年チャールズ1世によって市民に公開され公園となった。北東隅のマーブル・アーチ付近にスピーカーズ・コーナーがあり、1872年以来自由な討論が行われる場所として有名。1851年第1回万国博覧会の会場となった。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイド・パークの関連キーワードダウニング街ロンドンピカデリーサーカスアビーロードスタジオウエストミンスターウエストミンスター宮殿ウエストミンスター憲章ウエストミンスター大聖堂ボンドストリート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイド・パークの関連情報