コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイド・パーク ハイドパーク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイド・パーク
はいどぱーく
Hyde Park

イギリスの首都ロンドンのウェストミンスター区にある公園。繁華街の中心ピカデリー・サーカスの西1キロメートルほどの都心部にある。面積は146ヘクタール、サーペンタイン池を挟んで一続きの公園となっている西隣のケンジントン・ガーデンズをあわせると249ヘクタールで、東京の日比谷(ひびや)公園の約15倍に相当する。ウェストミンスター寺院の所領からヘンリー8世(在位1509~1547)の時代に王室の狩猟地となり、1635年チャールズ1世によって市民に公開され公園となった。北東隅のマーブル・アーチ付近にスピーカーズ・コーナーがあり、1872年以来自由な討論が行われる場所として有名。1851年第1回万国博覧会の会場となった。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハイド・パークの関連キーワードフランクリン・D. ローズベルトケンジントン・アンド・チェルシーロンドン(イギリス)北アイルランド紛争クリスタル・パレスロンドン科学博物館オックスフォード街クリスタル・パレスウェスト・エンドグレイシャーピカデリー街言論の自由万国博覧会シャーリーパクストンEXPO博物館緑の館万博

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android