コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ獅子公(読み)ハインリヒししこう(英語表記)Heinrich der Löwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ獅子公
ハインリヒししこう
Heinrich der Löwe

[生]1129頃
[没]1195.8.6. ブラウンシュワイク
ザクセン公 (在位 1142~80) ,バイエルン公 (在位 56~80) 。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世 (赤髯王) に従ってポーランド,イタリアに戦い,獅子公の称を得た。北部ドイツから東部ドイツへかけて勢力を伸ばし,東部植民を強力に推進した。リューベック市は実質的には獅子公の建設した都市である。しかし彼の勢力拡大欲があまりにも強烈であったため,近隣諸侯の嫉視を招き,やがて皇帝フリードリヒ1世とも対立し,不服従の罪によって失脚,その所領を没収された。獅子公はイングランド王ヘンリー2世の王女を2度目の妃としていた関係上,イングランドに逃れることができ,フリードリヒ没後再起をはかったが失敗した。彼の失脚はドイツ分裂を促進し,ザクセン公の勢力はこれ以後弱体化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android