ハウス栽培(読み)ハウスサイバイ

世界大百科事典 第2版の解説

野菜などをハウスを用いて栽培すること。ハウスとは,木・竹・鉄材などで骨組みを作り,これに塩化ビニルポリエチレンなどのフィルムをかぶせた作物栽培用の建物をいい,ガラス張りのものは温室という。機能的にはハウスと温室の間に大差はないが,温室は建設費が高く,周年的に利用して高収益をあげないと採算がとれないのに対して,ハウスは建設費が安く,1作だけの利用も可能であるという違いがある。日本では,夏は温度が高過ぎてハウスや温室の利用が難しいため,周年利用しなくても採算のとれるハウスを利用することが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニルあるいはポリエチレンなどプラスチックフィルムを用いた、いわゆるビニルハウス内で作物を栽培すること。キュウリ、トマトほか多くの野菜や花などを促成あるいは抑制栽培するため用いられる。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ハウス」はhouse) ビニールハウスで作物を栽培すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android