コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコベ(繁縷) ハコベ (common) chickweed

1件 の用語解説(ハコベ(繁縷)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハコベ【ハコベ(繁縷) (common) chickweed】

道端や畑などにごく普通にみられるナデシコ科の雑草で,春の七草の一つ(イラスト)。全体が柔らかくてくせがないので,小鳥などの餌として広く親しまれ,別名をヒヨコグサとかスズメグサといい,英名はこのことを示している。茎は基部で分枝して地面をはい,長さ30cm前後で片面に柔らかな毛がある。葉は対生し,卵形で先はとがる。3~6月,茎の先の集散花序に直径約5mmの小さな花をつける。花弁は白色で5枚あるが,深く2裂するため,10枚の花弁をもつように見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハコベ(繁縷)の関連キーワードアメリカ撫子外乳河原撫子シレネ蚤の衾蠅取撫子浜撫子大和撫子藤撫子切痕

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone