コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタザオ(旗竿) ハタザオ Arabis glabra; tower mustard

2件 の用語解説(ハタザオ(旗竿)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハタザオ(旗竿)
ハタザオ
Arabis glabra; tower mustard

アブラナ科の越年草。北半球の温帯から暖帯にかけて,広く分布する。日本各地の山野の日当りのよいところや海岸の砂地に生える。主根は白色で細長く,地中にまっすぐに入る。茎は1本だけが竿のように直立し,下部だけに毛が生え,通常分枝しない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハタザオ【ハタザオ(旗竿) Arabis glabra (L.) Benth.】

山ろくや海岸近くの道端に生えるアブラナ科の越年草(イラスト)。和名は直立した草状にもとづく。冬のあいだはロゼット状の根出葉だけがある。茎は直立してほとんど分枝せず,高さ70~100cmになり,葉は披針形で,基部が矢じり状となり,全体が緑白色で,根出葉をのぞいて毛がない。5~9月ころ,白色で小型の十字花を開き,果実は長さ5~6.5cmの細長い棒状で,茎に並行して立ち上がる。北半球に広く分布する。 ハタザオ属Arabis(英名rock‐cress)は北半球に数十種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハタザオ(旗竿)の関連キーワードアブラナ(油菜)アブラナ科浜大根犬芥子アブラナタイサイタカナトウナナバナミズナ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone