コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッサク

栄養・生化学辞典の解説

ハッサク

 [Citrus hassaku].ムクロジ目ミカン科ミカン属に属する柑橘類の一つ.生食する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッサク
はっさく / 八朔
[学]Citrus hassaku hort. ex Tanaka

ミカン科の常緑中高木。広島県尾道(おのみち)市因島田熊町(いんのしまたくまちょう)恵日山浄土寺の境内で1860年(万延1)に発見された偶発実生(みしょう)。直立性で枝はまばらにつき翼葉をもつ。5月に開花。自家不結実性のためナツミカンまたはヒュウガナツを授粉用に混植する。果実は扁球(へんきゅう)形で約400グラム、果面は橙黄(とうこう)色でざらざらし、果皮は厚さ1センチメートル、剥皮(はくひ)はやや困難。(じょうのう)数(袋数)は12個内外で、白色の単胚(たんぱい)種子を20~40個もつ。砂(さじょう)はやや堅く、甘・酸味が適度で、わずかに苦味があり、風味がよい。12月下旬から翌年の1月に収穫し、3~4月を最盛期として1~5月に出荷する。耐寒性は中程度、潰瘍(かいよう)病やその他の病虫害には強いほうであるが、トリステザウイルスによる萎縮(いしゅく)病に弱い。
 2012年(平成24)の栽培面積は1748ヘクタール、収穫量は温州(うんしゅう)ミカン、シラヌヒ(デコポン)、イヨカン、ナツミカンに次ぎ5位で、3万4618トンである。和歌山、広島、愛媛、徳島の諸県に多い。八朔(はっさく)(旧暦8月1日)のころから食べられるために名づけられたというが、そのころは未熟である。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハッサクの関連キーワード和歌山県有田郡有田川町広島県豊田郡大崎上島町愛媛県越智郡上島町三野(徳島県)和歌山県岩出市徳島県三好市広島県尾道市香川県丸亀市オーラスター広島はっさく吉野川(市)和歌山(県)神山(町)広島(県)山城[町]美馬(市)三好(市)粉河[町]三好[町]上島(町)

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハッサクの関連情報