ハナイカダ

百科事典マイペディアの解説

ハナイカダ

ミズキ科の落葉低木。ほとんど日本全土の山地にはえる。葉は卵円形で先はとがり,縁には先が毛のように細い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。5月,径4〜6mmの淡緑色の4弁花を数個,葉の主脈の中央付近につける。果実球形で8〜9月,黒熟。果実,若芽は食べられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナイカダ【Helwingia japonica F.G.Dietr.】

全株無毛のミズキ科の落葉低木。陰地の適湿地に群生する。花筏(はないかだ)の名は葉の主脈に花梗が癒着して葉の中央に花がつくことによる。樹高1~2m,枝は緑色で葉痕がいぼ状に残存する。葉は卵円形で短芒状に終わる細鋸歯があり互生。上面は光沢がある。雌雄異株で5~6月ごろ,淡緑色で卵状三角形をした通常4弁の花をつける。雄花は4~8個,3~5mmの細い小梗をもち,雌花は1~3個,小梗は雄花より短くて太く,子房下位。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナイカダ
はないかだ / 花筏
[学]Helwingia japonica (Thunb.) F. G. Dietr.

ミズキ科の落葉低木。高さ2メートル。幹は黄褐色。葉は薄く、楕円(だえん)形、長さ6~12センチメートル、先端が芒(のぎ)状にとがる低い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。5月、葉の中央に淡黄色の花を開く。名は、この花をつけた葉を筏(いかだ)に例えたもの。核果は長楕円形、長さ6~7ミリメートルで黒く熟す。北海道南西部、本州、九州、沖縄、および中国に分布し、山野に生える。
 ハナイカダ属は3種からなり、日本、中国、ヒマラヤに分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハナイカダの関連情報