コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナイカリ

百科事典マイペディアの解説

ハナイカリ

リンドウ科の一〜二年草。北海道〜九州,東アジアの日当りのよい高原や湿原にはえる。茎は高さ10〜60cm,葉は対生し,長卵形で,長さ2〜6cm。8〜9月,葉腋数個の淡黄色の花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナイカリ
はないかり / 花錨
[学]Halenia corniculata (L.) Cornaz

リンドウ科の越年草。茎は高さ10~60センチメートル、高山生のものは丈が低い。葉は長楕円(ちょうだえん)状卵形から披針(ひしん)形で、3~5本の脈がある。8~9月、茎の上部に淡黄色花を開く。花冠は中ほどまで4裂し、基部に細長い距(きょ)がある。山地帯から高山帯の林縁の草地や風衝草原に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、カムチャツカ、シベリアからヨーロッパ東部に広く分布する。名は、花の形が錨(いかり)に似るのでいう。
 ハナイカリ属は、花は4数性で花冠に距がある。アジア、アメリカ、南アフリカに約40種、日本には本種のみ分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハナイカリの関連キーワードカムチャツカリンドウ科

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android