コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバロフスク地方 ハバロフスクKhabarovsk

翻訳|Khabarovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバロフスク〔地方〕
ハバロフスク
Khabarovsk

ロシア東部にある地方。行政中心地ハバロフスク。南部にエブレイ自治州を含む。東はオホーツク海日本海に面し,南北 1700km以上にわたって広がる。南部にアムール川下流域の平野があるほかは,大部分が山地で,南部に日本海に沿うシホテアリン山脈,北部にオホーツク海に沿うジュグジュル山脈,中部西寄りにブレヤ山脈などがある。モンスーン気候であるが,寒暖の差が著しく,1月の平均気温は北部で-40~-30℃,南部で-21℃,7月はそれぞれ 12℃,19~21℃である。年降水量は 400~800mm。ほぼ全域がタイガ地帯に入り,南端部に混合林がみられる。地下資源に恵まれ,石炭,褐炭,鉄,スズ,明礬石,モリブデン,水銀,タングステン,金,黒鉛,リン鉱などを埋蔵する。鉱業では石炭,金,スズなどの採掘が中心で,なかでもスズの生産はロシアで占める比重が大きい。主要工業は機械,製油,冶金,製紙,木材加工,食品,縫製などであるが,水産加工,木材加工,および一部の機械工業を除くとあまり発達していない。農業生産は住民の需要をまかなうにいたっていないが,ダイズは特産物で,そのほかコムギライムギ,野菜類などの栽培が行われる。畜産は酪農中心で,北部でトナカイ飼育も行われる。またオホーツク海沿岸で漁業が,北部でクロテン,リスの狩猟が盛ん。シベリア横断鉄道とその支線が南部を通るほかは,交通はおもに海路と空路により,ロシアの東の門戸として外国の船舶や民間航空機出入りも多い。面積 82万 4600km2。人口 185万 700 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハバロフスク地方の関連情報