コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハプテン ハプテン hapten

5件 の用語解説(ハプテンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハプテン(hapten)

単独で抗体と結合するが、それ自体は免疫応答を起こす能力のない低分子の物質。たんぱく質と結合して抗原となることができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハプテン

免疫学用語。元来はK.ラントシュタイナーが提唱した概念上の抗原決定基を指したが,現在ではこれはエピトープと呼ばれ,ハプテン不完全抗原の総称として用いられる。抗原(完全抗原)は生体組織内に入れられたとき,抗体産生を促す性質と,その抗体と特異的に反応する性質をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ハプテン

 それ自身では抗体を産生しないが,高分子化合物と結合すると抗体を作る低分子物質.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハプテン【hapten】

K.ラントシュタイナーが1921年に人工抗原の研究に際して提唱した概念上の抗原決定基。ラントシュタイナーの定義によれば,独立では抗原性をもたないが,他のタンパク質(担体)と結合させて投与すれば,特異的な抗体をつくらせ,その抗体と結合する能力を有する低分子物質をさす。現在では抗原決定基はエピトープと呼ばれ,ハプテンの語はより広く,抗原の示す2種の機能,すなわち,抗体をつくる性質とその抗体と反応して血清学的反応を起こす能力の一方または両方を,いろいろの度合で欠く不完全抗原の総称としても用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハプテン【hapten】

単独では抗体を生産させる能力(抗原性)がないが、タンパク質などと結合すると抗原性を示す比較的低分子量の物質。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハプテンの関連キーワードランドシュタイナーシュタイナー教育シュタイナウデザイナーズブランドガシュタイナーゲロルシュタイナーヴァルトシュタインABO血液型シュタイナーの定理『フランケンシュタイン』