コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマボッス

百科事典マイペディアの解説

ハマボッス

日本全土およびアジアの海岸にはえるサクラソウ科二年草。全体に多肉で毛がなく,多少赤みを帯びる。茎は高さ10〜40cm,葉は光沢があって長さ2〜5cm,中脈はくぼむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマボッス
はまぼっす / 浜払子
[学]Lysimachia mauritiana Lam.

サクラソウ科の越年草。茎は高さ10~30センチメートル。葉は密に互生し、へら形で長さ3~5センチメートル、多肉質で、毛はない。潮風によく耐える。初夏、茎の先端に花穂を出し、深く5裂した白色花を上向きに密生する。海岸の岩上や砂浜に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国、太平洋諸島に広く分布する。名は、花穂の形を禅僧が用いる払子(ほっす)に例え、浜にある払子の意味といわれる。また果実が球形であることから、これを坊主の頭に見立て、「浜坊主」の意味にも解釈されている。[鳥居恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマボッスの関連キーワード弁天島(徳島県)ハイハマボッス