コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマーショルド ハマーショルドHammarskjöld, Dag (Hjalmar Agne Carl)

5件 の用語解説(ハマーショルドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマーショルド
ハマーショルド
Hammarskjöld, Dag (Hjalmar Agne Carl)

[生]1905.7.29. ウプサラ,ヨンケピン
[没]1961.9.18. ザンビアエンドラ近郊
スウェーデンの政治家。ウプサラ,ストックホルム両大学に学び,1936~45年財務省事務次官。この間,スウェーデン国立銀行総裁もつとめた。 46年外務省に移り,47年外務次官となり,経済外交の専門家として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハマーショルド(Dag Hjalmar Agne Carl Hammarskjöld)

[1905~1961]スウェーデンの政治家・経済学者。1953年に第2代国連事務総長になり、スエズ戦争など国際紛争の解決のために活躍。コンゴ紛争の解決に赴く途中、飛行機事故で死亡。死後、ノーベル平和賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハマーショルド

スウェーデンの政治家,法学者,経済学者。国立銀行総裁,外務次官を経て1953年国連事務総長スエズ動乱,中東危機の解決に努力した。コンゴ動乱に際し現地に向かう途中の飛行機事故で死亡。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマーショルド【Dag Hjalmar Agne Carl Hammarskjöld】

1905‐61
スウェーデンの政治家,経済学者で2代目の国際連合事務総長ウプサラ大学を卒業。1933年ストックホルム大学経済学教授となる。その後,国際問題に明るいのを評価されて49年外務次官となる。53年4月10日米ソ両陣営の支持を得て,T.H.リー初代国連事務総長の後任として選ばれ,57年に再選。1956年のスエズ動乱のさい国連緊急軍の編成,派遣にあたり政治的手腕を発揮した。60年のコンゴ戦争にさいして,国連の平和維持活動を指揮し現地に赴いたが,北ローデシアで飛行機事故のため殉職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハマーショルド【Dag Hammarskjöld】

1905~1961) スウェーデンの政治家・経済学者。国連事務総長(在職1953~1961)として国際紛争の解決に尽力。在職中に飛行機事故死。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ハマーショルドの関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハマーショルドの関連情報