ハミング(英語表記)humming

翻訳|humming

デジタル大辞泉の解説

ハミング(humming)

[名](スル)口を閉じ、声を鼻に抜いて旋律を歌うこと。「ラジオに合わせてハミングする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ハミング

ホンダ(本田技研工業)が1980年から製造・販売した従来のファミリーバイクに比べシート高を低くしたスクータータイプのオートバイ。総排気量49cc(原動機付自転車)。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒。

ハミング

花王が製造、販売する柔軟仕上げ剤の商品名。液性は弱酸性、綿・毛・絹・化学繊維用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ハミング【humming】

( 名 ) スル
口を閉じ、声を鼻に抜いてメロディーを歌うこと。 「 -しながら掃除をする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハミング
はみんぐ
humming英語
Brummstimmenドイツ語

鼻音唱法。口を軽く閉じて「m」「n」「n」などの音でもって歌詞なしの旋律だけを歌う。鼻歌は歌詞を伴うことがあるので、同義語とは限らない。いずれにせよ、人が気分のよいときに発声器官の筋肉を緩めて自然に歌うので、音量は小さく、他人に聴かせるのが目的ではない。管楽器以外の旋律楽器を演奏するときに、無意識にハミングで歌う人もときおりみかける。発声練習の一方法として行われるほか、その特殊な響きを利用して、オペラではベルディの『リゴレット』やプッチーニの『蝶々(ちょうちょう)夫人』の合唱に使われているのをはじめ、ジャズ・ボーカル、楽曲終止など、意識的にハミングを導入している例も多い。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハミングの関連情報