コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリイ(針藺) ハリイEleocharis pellucida

2件 の用語解説(ハリイ(針藺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリイ(針藺)
ハリイ
Eleocharis pellucida

カヤツリグサ科の小型の一年草。日本,朝鮮半島,台湾,インドマレーシアなどに分布し,原野の湿地や水田などに普通に生える。茎は多数叢生し,ひげ状で細く,高さ 20cmぐらい。葉はない。花は初夏から秋にかけて,茎の頂に卵形から狭卵形の 5mmほどある小穂をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハリイ【ハリイ(針藺) spike rush】

針のような緑色の茎をもった水田の雑草で,カヤツリグサ科に属し,畳表にするイグサ科のイとは全く別の植物である。イネを刈った後の水田やその周辺,池沼や川の岸に目立つ夏緑性の一年生植物。ひげ根があり,針形の直径0.3~0.5mmほどの細い茎が密生して,高さ15cmくらいの株を作る。葉はすべて袴形の小さな鞘(さや)となって茎の基部につき,全く目立たない。6~10月,茎頂に長さ6mm内外の茶色で長楕円形の小穂を1個つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone